石垣島スピリチュアルカウンセリング&ヒーリング

当店では、石垣島の大自然のエネルギーにのせてお送りするライタリアンプログラムのアチューンメントを中心に、ヒーリングと、スピリチュアルカウンセリングを行なっております。

『スピリチュアル=愛』という考えのもと、大自然の中で自からも癒されながら、洗練されたエネルギーをお届けしています。

現実の生活を何より自分のエネルギーでしっかりと生きる、そのサポートとしてご利用下さい。

特にライトワーカー、スターシード、クリエイター、アーチスト、起業家、海外にご興味おありの方のカウンセリングを得意としております。

*セッション一覧

ライタリアンプログラム

ライタリアンレイキヒーリング

リーディング/カウンセリング

ヨガ

*当店はいかなる団体、宗教とも一切関係ありません。

ライタリアンプログラム

当店では、アメリカのライタリアン研究所により開発されたエネルギーワークを提供させて頂いております。

ライタリアン研究所(The Lightarian Institute for Global Human Transformation )の仕事は、人類と地球のアセンションのプロセスをサポートするために、ライトワーカー達が天界の存在エネルギーとつながることに焦点をあわせています。

宇宙系スターシードの方に大変人気のあるプログラムです。

今、まさにこの地球では、スピリチュアルな変容が起こっています。

この目標へ向かって、最高波動レイキエネルギー、アセンディッドマスター、最高波動の天使エネルギーとの一連のアチューンメントを基礎としたコネクションを提供いたします。

これらチャネリングによって天界から与えられたアチューンメントは、あなたのスピリチュアルな成長を助け加速させるために、高次元は同エネルギーとの恒久的なつながりをつくります。

ライタリアンプログラムは、 『いつの間にか自分で気づいていく』というプログラムで 伝授者と共依存や上下関係が発生しません。

  自分で気づいていく楽しさを噛み締めながらお進みください。

当店でお取り扱い中のライタリアンプログラム

*ライタリアンレイキ

*ライタリアンレイ

*ピュリフィケーションリング

*ライタリアンクリアリング 

伝授系統

Christopher JELM(創始者)

→ Peggy ZERAMBY (現ライタリアン研究所代表)

→ Makiko

ライタリアンとは

ライタリアンという言葉は、気づきの拡大とスピリチュアルな進化を進める目的で、エーテルの光のエネルギーの使い方をマスターする人を指します。

これらは、特に

本来の自己の力の覚醒(セルフエンパワーメント)

浄化(クリアリング)

癒し(ヒーリング)

活性化ワーク(アクティベーション)

顕現(マニフェステーション)

という5つのプロセスに関して進められます。

ライタリアンは、光とは、私たちの周りに常に存在するエーテルエネルギーで、それは、私たちが知覚できるあらゆる形や構造として意識的に顕現していると理解するようになります。

ある意味、光は全てであり、すべてのものは光なのです。

それは、私たちが物質と呼ぶものや、特に私たちの肉体も含みます。

この光に関するホリスティックな考え方によって、私たちが個々の力を高め、スピリチュアルなプロセスに焦点を合わせることを基盤として、

サトルボディーや肉体のすべてのレベルが変化し進化していくことがより理解できるようになります。

ライタリアンであるということは、

あなたが意識的に内的成長プロセスに取り組み、人生においてセルフエンパワメント、浄化、癒し、活性化、顕現というスピリチュアルな原則に専念することを意味します。

私たちの多くは自然な開花以上に私たちが準備作業を促進し、強化しなければならないと感じるかもしれません。来るべき時に行うスピリチュアルな奉仕について、より速やかに適切に準備するために、このプロセスをもっと加速させることが緊急に必要だと感じている人もいるでしょう。

自分がスピリチュアルな成長の『高速車線』に乗っていると自覚している人にとって、セルフエンパワーメント、浄化、癒し、活性化、顕現という5つのプロセス進展は、神聖な領域からのサポートやライタリアンのエネルギーワークによって促進することができます。

最終目標は、肉体、心、精神、スピリットが再び一体になること、精神と肉体の波動がハイヤーセルフと再び一体になるレベルまで、浄化され、高められることです。

ライタリアンのエネルギーについて

ライタリアンプログラム関連コラム

ライタリアンレイキのみ、受講資格が臼井レイキサード修了者となっております。当店でも遠隔伝授を行なっております。ご希望の方はお問い合わせください。

→お寄せいただいた体験談