スターシードの目覚め

スターシードの目覚め

ライトワーカーと言われる人は、この地球に共通の目的を持って転生してきた魂のグループです。

ライトワーカーは覚醒したスターシードの総称です。

スターシードは、自分に使命があると気づくまでの間、

とても苦しい思いをしながら生きていくという傾向があります。

スターシードとしての自覚がない状態では、

日常生活で感じる違和感と

制御できないエンパス能力に悩まされますが、

目覚めを迎えることでもう少し楽に地球へ適応できるようになります。

エンパスという性質は病気ではありません。

性質なので、治る、ということなはいのですが、自分を知ることで適切な行動が取れたり、エンパスの能力を生かした仕事についたりすることで、本領を発揮できるようになり、エンパス故のしんどい面にそれほど囚われる事がなくなります。

自分が何者なのかを知ったスターシードは

ライトワーカーの一員として波動上昇のサポート活動を始めるようになります。

スターシードが目覚めるための条件は『高い波動』です。

周囲の環境の波動が低く、目覚めることができないと思っているとしても、

”心からの喜び”をできるだけ多く体験し、

自分で魂の波動を高めてあげることができます。

それゆえ、よく『ワクワクして生きよう』と言われるのです。

しかしスターシードのいう心からの喜びとは、

魂が真に求めるもの

=『スターシードとして果たすべき努めをしっかりと果たす

などのことで得られるものであって、

『自分の欲望を叶えること』というのとはちょっと違うようです。

『エゴの願い』と『魂の願い』の違いをどれぐらい解ってるか、ということです。

エゴの願いというのは、叶った後もまだ満たされない想いがあったり、叶ったのに失望感があったり、叶ってからさらにもっともっと、と渇望感が出てきたり、叶ったらすぐ飽きた、ということが挙げられます。

叶ったが故にその後が大変になる、というケースも多々あり、とにかくあまりメリットがありません。(笑)

やりたいことだけを自由気ままにやっていても

スターシードとしての目覚めは訪れません。

スターシードが幸せに生きるためには、自分自身がアセンションして(自分の中の陰陽を統合してONEになる)、転生前の力を取り戻す必要があります。

スターシードの中には、自分のやりたいことは何かが見つけにくい人もいます。

自分のやりたいこと、、、っていうか、

そんな大層なことはないんだけど、なんか人が喜ぶことをしたいかな、、、

とホワンと感じているなら、それこそが『自分がやりたいこと』なのです。

それを堂々と自信を持ってやっていったらいいのです。

スターシードは、根底に何かと自信がないので、目標が

『なんとかして自分を修正して普通の人みたいになること』

とかいうふうになってしまう事もあるようです。

自分の心に芽生えた『なんかこういう感じのことをやってみたいな』という気持ちを、そんなことを思っていいのかな?やってもいいのかな?と遠慮してしまうのです。

40歳すぎてて何かが早すぎるということは、まずありません。

人に上手に説明できないことであれば尚更、きちんと説明できるようになってからやろう、と妙に生真面目な所もあります。

スターシードでかつエンパスの人は、個性的ですが、常識外れで変人ではありません。むしろ礼儀正しいです。

スターシードのアセンションの為に必要不可欠なのが、

『自分に対するジャッジをなくすこと』=『自分を許し、受け入れること』

です。

自分に対して、ツッコミまくるのです。

自分にも突っ込み、他者にも突っ込みまくります。

結果、本当に他者から突っ込まれる現実を引き寄せ、

ますます殻に閉じこもります。

人からジャッジされるのを極端に恐れますが、

自分が自分をジャッジしてなかったら

人にジャッジされても傷をかすらないのでスルーできます。

実際、ジャッジされてる人より

ジャッジをしてる人の方が苦しいのです。

少し気づきが進化してる人は

あ、またジャッジしてしまった!!

と、ジャッジした自分をさらにジャッジするので

二重に苦しいのです。

ジャッジというのは、

本当のあなたがしているのではなくて

あなたのエゴがしているだけなので、あまり細かく気にせず、

『あ、またしたな♪』

ぐらいでよくて、深い反省はいらないのです。

なぜ、本来地球を救いに来たスターピープルが

こんな苦しいジャッジの罠からなかなか抜けられず、いろんな試練が次から次へとやってくるのでしょうか。

根底で

『ドラマがあった方が面白い』

と思ってるからです。

ドラマがある方が、人間ぽいのではないかな?😀

と人間の気持ちを知るために、真似をしたかったのかもしれません。

もともと綺麗に調和している世界、という神の世界がありました。

その世界は、

『わかってることしか起こらない』

という安全で安心の世界です。

こんな面白くない世界があるだろうか。

と神様は思って、自分の意識の中で自発的に崩して行きました。

それにより、宇宙が生まれ、エネルギーが生まれ、最初の宇宙ができました。

崩したところから宇宙をつくったけど、

また、少しずつ本来の姿に戻っていってるのです。

この世界は絶対調和

なので必ず戻るのです。

戻るというのは半年や1年前の世界に戻るという意味ではありません。

本当に本来の姿に、あるべき姿に、自然と調和した世界に、という意味です。

なので、ズレが大きかった人ほどいろいろな体験がここ数年で起こり

本来の自分に戻るような気づきが起きているのです。

時期に個人差はありますが

まだ目覚めてないスターシードも

もうそろそろ、いいかな。

この一人コメディ劇場は。

と悟って、すったもんだあった後、必ず本来の自分に戻るので大丈夫なのです。

Makiko

エンパスの記事