スピリチュアル

ライトワーカーの方へ

IMG_1674

ライトワーカーとして生まれついた方達は、幼少の頃から周囲になじめない、

自分だけ浮いている気がする、と思う事が多々あるようです。

また、周囲のネガティブなエネルギーをスポンジのように吸ってしまい、

疲労困憊し、自分が被害者のような気分になることもあるようです。

自分を理解してくれない他の人たちに振り回されたり怒りを向けるのではなく、自尊心を持って、ライトワーカーとしての役割を思い出してください。

あなたがあえて肉体を持って生まれてきた理由を忘れてはいけません。

あなたは、地球全体に高い周波数をもたらすために生まれました。

天使の導きに従い、地球で生きている間、

最高の形で役立つための導きがもたらされるよう祈りを捧げてください。

明るい輝きを放つこと、他の人たちを高みに引き上げることがあなたの目的です。

与えられるべきものが底をついてしまうことはありません。

ハイヤーセルフと話したり、天からのメッセージを文章として書き留めたりすると

自分の発する周波数が上がり、物質世界より高い場所から俯瞰して物事がクリアに見れるようになります。

そうすれば、地球のドラマにはまり込む事なく、自分の感情も疲弊させることなく、さらにあなたはするべき仕事に集中でき、あなたの魂は喜びで満たされるでしょう。

キバリオンヘルメス主義には次のような表現があります。

“全は、無限の意識をもって、永久に存在し続ける無数の世界を創り出す。

しかし全にとって、無数の世界の創造、発展、衰退そして死滅は、

まばたきの一瞬に起きることにすぎない”

この教えが強調されるのには理由があります。

ものごとを実現させようと思い始める時、多くの人たちは考えることに時間をかけすぎるものです。

人によっては、大学を卒業して学位を取ろうとしたり、ヒーリングセンターを開こうと思ったり、あるいは自分にとって特別の意味がある大きなことをなしとげようとしたり、さまざまな思いを巡らせます。

そしてその後、さまざまな不安や恐怖が襲ってきます。

年を取り過ぎている。時間やお金はどのくらいかかるだろうか。

エゴは「それはおかしいだろう」とか「そんなことできるわけはない」

という思い をぶつけてくるでしょう。

自分が生み出しすもの、起こす現象は自分の創造物です。

あなたは魔法使いであり、自分のレストランにふさわしいケーキを作ろうとしているオーナーシェフでもあります。

納得がいくものができるまで、 材料の配合をさまざまに変えながら、

何回も試作品を作ることになります。

とにかく始めなければ何も作れません。

自分は『この自分で本当にいいんだ』と納得するプロセスを人生といいます。

自分と比べ、他の人たちの方が多くのものを持っているという思いは、

引き寄せの障害となります。

こうした気持ちは、一度芽生えるとやがて嫉妬心へと膨らんでいきます。

嫉妬心は、「みんな持っているのに私だけ持っていない」という気持ちを煽ります。

常に心に抱いている思いは森羅万象に響き渡り、欲するものはますます遠ざかってしまいます。

森羅万象に対してあるべき姿は、レストランで食事をする時と似ています。

思ったり、口に出したりする言葉は、ウェイターに対する注文と同じです。

レストランで料理を注文する時、

ウェイターが「この料理はちょっと健康によくありませんよ」と忠告したり、 

「本当にそれでよろしいですか?」と尋ねたり、

あるいは「もっと良いものの方がよろしいのでは?」などという言葉で確認することはありません。

100%のウェイターやウェイトレスが「かしこまりました」 と答え、

注文した料理を運んできます。

「自分は、なぜ持っていないのか」とか「なぜあれやこれを持っていないのか」と言い続け、他の人たちに嫉妬していると、これが森羅万象に響き渡り、刻まれ、

自分で口に出しているそのままのものがもたらされてしまいます。

森羅万象は善意と愛に満たされていますが、伝わってくるものに対して忠実に反応します。とても柔軟で、常に動き続けます。

どんな思いも刻むことができるプラスティック製の型のようなもので、

刻まれたものは必ず自分に返ってきます。

忘れないでほしいのは、返ってくるものはそもそも自分で刻み、創り出したものなので、驚くべきではないということです。

出したものが返ってきます。

人生も自分で創り出すものです。 

気に入らなければ、いつからでもどこからでもやり直せます。

そしてスタートとゴールは同じなのです。

スタートの動機が『不足感』からだとゴールも『不足』に終わります。

スタートの動機に気をつけましょう。

キバリオンの7つの原則をヒントにぜひご自身が見たい世界を創り出してください。


参考:ドリーンバーチュー キバリオン〜引き寄せの7つの法則

===========================

H.P   https://makikokurata.com

セッション一覧  http://www.makikokurata.jp

           

  

Twitter  https://twitter.com/MakikoKurata

Instagram   https://www.instagram.com/mappidance

You Tube https://www.youtube.com/user/mappidance

===========================