人間万事塞翁が馬

ご存知の方も多いと思いますが、人間万事塞翁が馬のお話です。

中国の北の方に占い上手な老人が住んでいました。

さらに北には胡(こ)という異民族が住んでおり、国境には城塞がありました。

ある時、その老人の馬が北の胡の国の方角に逃げていってしまいました。

この辺の北の地方の馬は良い馬が多く、

高く売れるので近所の人々は気の毒がって老人をなぐさめに行きました。

ところが老人は残念がっている様子もなく言いました。

「このことが幸福にならないとも限らないよ。」

(さらに…)

続きを読む人間万事塞翁が馬

彼岸にまったく往ける者よ、幸あれ

今回は私が気に入っている現代語に訳された般若心経をご紹介します。

(さらに…)

続きを読む彼岸にまったく往ける者よ、幸あれ

私の人生を変えた本

  • 投稿者:
  • 投稿カテゴリー:未分類

今日は私の人生を変えた本をご紹介します。

2003年ぐらいに大阪の紀伊国屋書店で購入して読んだ本なのですが

こちら

(さらに…)

続きを読む私の人生を変えた本

それ、あなたのトラウマちゃんのせいかも?

  • 投稿者:
  • 投稿カテゴリー:未分類

大嶋信頼さんの、『それ、あなたのトラウマちゃんのせいかも?
あなただけの 超簡単な言葉を唱えるだけで“いまここ”で楽になる!』
という本からの引用です。

(さらに…)

続きを読むそれ、あなたのトラウマちゃんのせいかも?

神さまと自然の美しさとだけ一緒にいる自由な時間

 

「クリスタは両手を頭の下に当てて、草の上に寝ころび、大きな目を開けて、果てしのない青い空をながめます。

 

これが彼女にとって一番幸福な時です。

 

こんなにはげしい労働をする小さな花売り娘は、さぞ不満をもっているのだろうと考える必要はありません。

 

彼女は決して不満をもったことはありません。 (さらに…)

続きを読む神さまと自然の美しさとだけ一緒にいる自由な時間

女は肌だけで生きている

太宰治の『皮膚と心』は、左乳房の下に小豆粒に似た吹き出物を見つけた新妻の「私」が、夫に連れられて皮膚科に行く話です。

去年の夏、海や山で私が全身虫にさされていたときにタイムリーに読みました。

太宰治自身が「男のくせに、顔の吹出物をひどく気にする」自分の気質から着想を得て書いたそうですが、本当に人の心をうまく表している作品だと思いました。

(さらに…)

続きを読む女は肌だけで生きている

統ばる島〜離島の神々が親島に戻って近況を伝える場所

img_2195

 

先日、はいむるぶし時代から毎年来てくださるリピーターさんに、1冊本をプレゼントして頂きました。

(さらに…)

続きを読む統ばる島〜離島の神々が親島に戻って近況を伝える場所

時間泥棒モモ

img_3015

 

川平で唯一『ケーキ』、というおしゃれなものがいただけるカフェが登場しました。

ハコカフェです。

 

川平でこのようなハイカラなものを食することができるとは☆

(さらに…)

続きを読む時間泥棒モモ

アミ小さな宇宙人より

DSCN0174

自分の魂が想像したことすべては実現可能なことだから、
もし本当に望んでいることなら、努力と継続と信念を持ってぜひとも実現すべきなんだよ。゚
(さらに…)

続きを読むアミ小さな宇宙人より

星の王子様〜人間はもともと孤独で寂しい存在

IMG_2355

石垣島や小浜島のある八重山諸島は、日本で唯一、南十字星が見える場所です。

南十字星のことをこちらの言葉で『はいむるぶし』といいます。

(さらに…)

続きを読む星の王子様〜人間はもともと孤独で寂しい存在

今愛なら何をするだろうか

 
ほとんどのひとは、まったく無意識に病気を創り出している。
なのに、病気になったとき、よそから何かが降ってきたように感じる
(さらに…)

続きを読む今愛なら何をするだろうか

ヒーリングとは存在の状態である

カナダにいる時に、日本で何してこれから食べていこうかと
悩んでいた時、”ライフパーパス(人生の目的)オラクルカード”で
何度も何度も
”オラクルカード”
 
というカードを引いては、
 

(さらに…)

続きを読むヒーリングとは存在の状態である