You are currently viewing 本物のエンパス☆同化から共感へ

本物のエンパス☆同化から共感へ

エンパスとは共感能力に秀でた人のことです。

エンパスなので、疲れる、生きづらい、、、というのは違います。

それは共感ではなく、『同化』しているだけだからです。

そもそも共感能力に秀でた人などほとんどいません。

もしあなたが本当にエンパスであるなら、その才能を同化や同情にしか用いないのは宝の持ち腐れです。

共感していくと、人の持つ見識を豊かに吸収していけます。

そうして人から学び、人生から学びながら、あなたの人格は磨かれていきます。

すると、あなたには真のプライドが宿り始めるので、さらに主体的に生きることができるのです。

人の感情に同化しなくなり、翻弄から解放されると、結果としてあなたも人々も快適になっていきます。

あなたも、また人々もお互いの反応ばかりを気にしなくなるからです。

そして、あなたは相手の感情エネルギーを受けて疲弊することもなくなり、いつでも相手に同情を示す必要はないと悟っていきます。

現代社会の私たちは「快楽は禁じられていて、ほんの少量しか許されないか、常に仕事のほうを優先すべきだ」と思い込むようにプログラミングされています。

あなたも仕事の責任を果たすのに忙しくて、楽しい時間を後回しにしていませんか? 

「時間がなくて」「わがままな気がして」と、自分自身の喜びの体験を自制していませんか?

やめてください。

あなたには快楽が必要なのです。

 それは魂があなたの生命力を補充し、活性化する方法です。

自分を甘やかすことを最優先にしましょう。

そうすれば、望むすべての現実を創造するために必要なエネルギーが十分に得られます。

あなたが生まれたのは平凡に暮らすためではなく、さまざまな制限や自分で決めた限界を踏み越えていくためです。

社会の慣習にも他人の期待にも縛られないようにしましょう。

あなたには自分の条件で人生を選択していく力があります。

「~するべきだ」という言葉は「~することもできるが、今はしないことを選ぶ」に置き換えてみてください。

おそらく人生では、いつも自由に望み通りの境遇を生み出せるとは限りませんが、その状況にどんな意味を与えるかは確実に決められます。

あなたに力を与えるような意味づけを選びましょう。

今こそ自由になる時です。

手放すことによって、状況をコントロールしたい欲求や、期待通りにいかないストレス、あるべき姿を要求したい苦悩、人に特定の行動を求めてしまう緊張感などが、癒されるかもしれません。

これらは常に失望と不満につながる要因なのです。

この手を放したら生命に関わる、というくらい懸命に持ちこたえるべき場合もありますが、単純に放して良い時もあります。

今はゆだねる時です。

これは外部の力に屈するのではなく、あなた自身の魂に従うことなのだと覚えておきましょう。

固くつかんでいたコントロールを放せば、宇宙の創造性の力があなたの中を渦巻き流れ、創造主が方向性とインスピレーションをもたらせるようになります。

自分一人の力で進む必要はありません。

自分の資源だけに頼ればすぐに消耗してしまいますが、創造主の神聖な光があなたの中を流れるようにすれば、魂は簡単にエネルギーを補充できます。

まわりから多くの助けが来ています。心を開いて受け入れましょう。

Makiko Kurata

🌟エンパスエンパワーメント

人の感情やエネルギーばかり拾って疲弊するのではなく、愛を感じ取って生きていくと人生が豊かになっていきます。

詳細→⭐️