You are currently viewing アセンション症状を軽減する方法

アセンション症状を軽減する方法

地球と個人の波動の上昇に伴って、アセンション症状を体験している方がたくさんいらっしゃいます。

症状としては本当に様々なようです。

風邪のようなもの、特定の筋肉や骨の痛み、皮膚の痒み、頭痛、下痢&便秘、

胸や喉の痛み、といった身体的な症状から、感情が激しく揺れる、すぐ気が変わる、食の好みが変わる、眠れない、眠くなる、頭がおかしくなってしまったんじゃないかと思うようなことがある、孤独を感じる、独りになりたい、など様々です。

ヒーリングやアチューンメントの好転反応、浄化反応と似ていますが、期間がやたら長い、という感じです。

で、お医者さんに行っても、別にどこも数値的には悪くない、というのも特徴だと思います。

私も長期にわたり体験してきて、今も真っ只中なので、私の感覚を少しシェアしてみたいと思います。

アセンション症状は、今までの重いエネルギーを手放して軽く新しい自分になっていくために起こっていることなので、その変化を抵抗せずに受けとっていく、というのが一番ストレスなく切り抜ける方法ではないかと思います。

特にアセンション症状の不快な面を辛く感じる方は、男性性のエネルギーが少し強いのかもしれません。

性別問わず私たちの中にある男性性のエネルギーというのは、

向上、前進、成功、達成、拡大、いつも何かしていないと生きている気がしない、競争心、人や過去の自分と比べる、負けず嫌い、

といったようなことです。

それらはとても大切なことで、今後も活用していくべきものですが、アセンション症状は、そのような傾向に『女性性のエネルギー』を学ばせようとして起こっている、もしくは自分で起こしているのかもしれません。

女性性のエネルギーというのは、

受容力、ありのままを受け入れる、何かをするというよりただ在るだけで価値があると知っている、待てる力、忍耐力、周期を理解しそれに逆らわない、今を楽しむ、生かされていることがありがたい、命に感謝、

そんな感じです。

アセンション症状を体験している間は、妊婦さんと同じような感覚でいると良いのではないでしょうか。

妊娠している10月10日は、一般的に、とてもだるい日もあれば、感情が激しく揺れることもあると言われています。

なので、多めに休憩したり、動作をゆっくりしたり、人に助けてもらったり、何も生産的なことをしない日が続いたり。。。

そうすることで、何か社会に置いていかれる気がしたり、自分の人生が止まってるように感じることもあるかもしれませんが、お腹の中の赤ちゃんは、毎日確実に育っています。

アセンション症状で、いつものように効率よく仕事をこなしたり、元気いっぱい遊ぶ気になれないことがあっても、あなたの中で何か新しいものが生まれる準備をしているところだと捉えてみてください。

アセンションというのは、今までと違う角度から物事を見れるようになり、自分のありとあらゆる面を受け入れ統合していくことですから、このアセンション症状を利用してアセンションしていく、と考えると実際の症状は変わらなくても苦しさは軽減されるのではないかと思います。

この症状を通して、自分のケアの大切さ、自分の思いや優先順位を大事にすること、自分を愛することを学んでいるのだと思います。

そのようなとてもいい機会なのですが、男性性が強いと、

『なんでこんないざという時に役に立たない身体なんだろう。』

『前はもっとできたのに、皆はもっと頑張ってるのになんで自分は弱いんだろう』

『一刻も早く回復して、死ぬほど働きたい』

と、自分をムチ打ってしまい、せっかくの宇宙の計らいを無視して逆行していくことになります。

自分の中の男性性を癒しなだめ、女性性で優しく包んであげることで、太陽と北風ではないですが、これらの症状が気にならなくなったりするでしょう。

気にならないなら、もう無いも同然です。

ライフスタイル的には妊婦さんをお手本にすると良いと思います。

1食事内容に気をつけ充分な栄養素をとる

2ストレスを溜めないようにして、好きなことをしたり(特に手を使うのはいいと思います)、今まで読んだことがない本を読んだり新しい分野の勉強をしてみる

3呼吸法を習得し毎日実践する

4適度な運動

5動作や、スケジュールをゆったりとする

6転ばないように、色んなことに気をつけている

7お腹の赤ちゃんに語りかける

8赤ちゃんの健康に影響するようなものを摂らない

9将来に想いを馳せる

などです。

それに加え、アセンション症状を和らげるのに役に立ちそうなものを挙げてみます。

*瞑想をする

*日記を書いて感情や思考を解放する

*太陽光を浴びる

*マグネシウムをとる

*水にレモンと塩を入れて飲む

*セージで部屋や自分のエネルギーを浄化する

*エプソンソルトを入れたお風呂に入る

*石のサポートを借りる(ラピスラズリ、ラリマー、アベンチュリン、ソーダライトなど)

これらはヒーリングやアチューンメントを受けた後の好転反応が強すぎる場合にも効きます。

一番大事なのは、進化が早すぎると感じたり身体がついていけないと感じたら、ハイヤーセルフやスピリットガイドにもう少し緩めてくれるようお願いすることです。

高次元の存在は、お願いしないと何も動いてくれませんから、それを忘れてた方は

是非。

それで、このしんどいアセンション症状は一体いつになったら終わるんですか?

っていうのが正直な感想だと思うのですが、今全く症状がない人は別かもしれませんが、今何かしら症状がある方が未来永劫すっきりとする日が来る、と期待しすぎるとそんな日は来ないかもしれません。

たまにそんなズゴイ人もいますが、アセンションはあと数年でサクッと終わる行事ではないからです。

アセンション症状はサイクルのようなものがあって、一番初めに感じ始めた時から数年ずーっとあって、それからあれ?軽くなった?って言う時があって、その後またグワーンと来て、また休憩があって。。。みたいな感じだと思うのです。

初めて経験する時は、何これ?この鉛のような身体は自分じゃないみたい、というほど重くて絶望的に辛く感じるかもしれませんが、それとの関わり方が上手になってくることで、症状はあっても『辛い』とかその自分を『ダメだ』と思わなくなることで、だんだん軽くなってくる、ということです。

効く方法を血眼になって探すというより、95パーセント、マインドセット的なところで、人間的に成熟する感じでしょうか?

ただ、気合だけで乗り越えようとするのではなく、冷静に判断して必要に応じて医療機関に見てもらったり専門家に相談しながら、一緒に新しい宇宙のエネルギーに慣れていきましょう。

Makiko

 

心とマインドをニュートラルに保つ画像