スピリチュアル

ハイヤーセルフと繋がるコツ

ハイヤーセルフとの連携具合が、今後進む鍵になりそうです。

ハイヤーセルフと繋がってるかどうかわからない、

という人がたまにおられますが

ハイヤーセルフと繋がってない人はまずいません。

でもパイプが太いか細いか、というのはあります。

『自分の軸をしっかりと太く持つ』、というのは、

『ハイヤーセルフとのパイプを強く太くする』

ということなんじゃないかなと思います。

このエゴの自分を強くするのではなく。

エゴ=恐れ、不安です。

普通の人が、『エゴ』という言葉を使うとき、

自分勝手な人、我が強い人、欲の強い人、

のことを指してるみたいですが

それらの根底にあるのは、恐れや不安なので

やはりエゴ=恐れ、不安と言い切っていいでしょう。

恐れも不安もなく悠々としてる人が、わざわざ自己主張する必要もないですから。(笑)

そうするとエゴって、悪いものなんじゃないかなあ、ゼロにしないといけないのかなあ、と思う人もいるようですが

エゴってあって全然いいんですよ。

無くなるものではないので、無くそうとしても徒労に終わります。

修業系の人がよく最後にぶち当たるのが、この自分のエゴをまざまざと見せつけられて、このエゴに打ち勝てない。。。ていう。。。

勝とうとしてる時点で既に負けてます。(笑)

エゴって、ハンマーみたいなものなんです。

上手く使えば、自分を深く知り、人間の普遍的な心理やパターンを理解する最適なツールになります。

でも使い方を間違うと、大怪我をします。

自分の頭をエゴのハンマーでガンガンに殴って血まみれになってる人もいます。

ハンマーは賢く使いましょう。

やはり、賢くなければ幸せにはなれません。

頭の回転が速いとか、膨大な知識を持っている、という賢さではなくて

ちょっと離して観れるかどうか、という賢さです。

大火傷するほど、人間同士近づかなくても良いわけで、

ちゃんと賢く、美しく見れる距離を保つ自制心があるか、ということです。

身近な人ほど礼儀正しく一線を引いて、遠くの人ほど数年来の友のように親しげに。

人間関係で問題のある人は、この逆をやっていることが多い気がします。

何か迷ってたり悩んでる時は、

『ハイヤーセルフは私に何をしてもらいたいかな』

と、”ハイヤーセルフの気持ち”になってあげてください。

自分を離してみて、この人に何をしてあげたいかな、と感じてみるのです。

 ↑

これがハイヤーセルフとつながるコツです。

あなたが女優だとすると、ハイヤーセルフは舞台監督です。

『この女優をどう使えば、面白い作品が作れるか』

と監督は思ってるかな、と相手の気持ちになるのです。

人の気持ちを少しでも考えてあげられる人は

こうやってハイヤーセルフの声を聞いてあげられると思います。

朝一に聞くというのもいいですね。

一瞬、ハイヤーセルフの立場になってあげるだけです。

私がハイヤーセルフなら

今日私にどんな気持ちでいてもらいたいかな?

して欲しい事は何かな?

優先順位は何かな?

って。

今日もよい一日を^^

Makiko

===============

セッション一覧

ライタリアンプログラム

リーディング/カウンセリング

YOU TUBE

===============