スピリチュアル

キバリオン7〜ジェンダーの法則

IMG_2471

キバリオン第7の原則は“ジェンダー”です。

“ジェンダーは、すべてに宿る性質である。

すべてのものに男性的な側面、女性的な側面がある。

ジェンダーは、すべての世界に存在する”

IMG_2478

これは性別のちがいではなく、男性エネルギーと女性エネルギーについて語られた 言葉で、 女性エネルギーは受容性と創造性、そして芸術性とものごとを育む力が特徴であり、 男性エネルギーは与える力を通じて外へ 向かって伸び、ものごとを管理する性質を 宿すことを説明したものです。

誰もが男性/女性エネルギー両方を宿し、森羅万象にも男性的な側面と女性的な側面 があります。

ヘルメス主義では、2種類のエネルギーはどちらも必要とされる事実が強調されてい ます。

たとえばあなたがアーティストだとしましょう。

男性であれ女性であれ、芸術は女性エネルギーによって司られる分野であり、 直感力も女性エネルギーに左右される能力です。

しかし、偉大なアーティストとして活躍したり、 直感力を最大にまで高めたりするだけでは、男性エネルギーで占められた資本主義 社会の中では認められ にくいことが否めません。

 

また、アーティストとして活動を続けていくためにはスポンサーや顧客が必要 とな ります。

スポンサーや顧客となる人々に対し、アーティストとしての自分の存在を知らしめ るには、女性エネルギ ーに加えて男性エネルギーも必要となります。

直感力を活かして仕事をするヒーラーも同じです。

自分の中に、特殊能力を活かした仕事をこなす部分、 そしてマネージャーや代理人のように仕事を管理する部分 が必要となります。

ヘルメス主義の原則は、男性/女性エネルギーのバランスを整えることにも役立って くれます。

すべての創造物が両方のエネルギーを必要とします。

この世に生まれてくるためには、父親と母親がいなければなりません。 それと同じです。

あなたが創り出すものすべて、引き寄せるものすべて、 そして実現することすべてに母親と父親がいます。

男性エネルギーと女性エネルギーの結婚により錬金術を生み出します。 新しいものを生み出すには、真逆のエネルギーが必要なのです。

IMG_2480

一連の出来事はトランスミューテーション(変性 )という過程を通じて起こります。

“現在起きつつあることを変える”という意味で、 ヘルメス主義では次のような表現で示されています。

“意識も金属や元素と同じく、変性し得る。

1つの様相から別の様相へ、1つの度合いから別の度合いへ。

1つの状態から別の状態へ。

1つの極から別の極へ。

1つの波動から別の波動へ。

ヘルメス主義でいう本当の変性とは、心に関わるものなのだ”

ジェンダーの法則の力を強めるために毎日できることがあります。

それは、3つ与えたら必ず3つ受け取るということです。

受け取るという行いを許容しましょう。

誰かが救いの手を差し伸べてくれようとしたり、 手を貸してくれたりしている時は、ありがたく受け容れるということです。

そして自分が何かを与えるチャンスがあったら、罪の意識も義務の意識も関係なく、 自分の気持ちに素直に従ってそうしてください。

与えるという行いは、愛を通じて行われます。

愛が生まれる場所から受け容れ、与えることを毎日続ければ、 男性/女性エネルギーのバランスを整えることができます。

競争の激しい仕事に就いている人たちは、男性エネルギーが強めになる傾向があり ます。

これが原因で、 天の声が聞こえにくくなります。 天からの言葉は女性エネルギーで占められた場所からもたらされるためです。

受動的な態度が目立つ人たちは女性エネルギーの影響を強く受けている可能性があ ります。

こうした傾向が続くと、何事に対しても無関心で、無気力になってしまいます。

だからこそ、与えることと受け容れることのバランスを取る練習を、定期的に行う ことが必要となるのです。

キバリオン1

キバリオン2

キバリオン3

キバリオン4

キバリオン5

キバリオン6

キバリオン7

(この記事は、ドリーンバーチュー著『ディバイン・マジック』 「願いが叶う7つの秘宝:ヘルメス主義古典錬 金術マニュアル/キバリオンの新解釈」 と、『アドバンスドエンジェルセラピー』等を参考にさせて頂きました。)