スピリチュアル

キバリオン4〜正反対のものの本質は同じ

★第4の原則

★第4の原則は“極性”です。

棒を想像してみてください。 端が2つあります。

2つの端の間には、無数の中間点があります。

“すべてのものに2つの面がある。 すべてのものに2つの極がある。 すべてのものが、正反対の性質を併 せ持つ。 似たものと非なるものは同じ。 正反対のものの本質は同じで、ちがうのは度合いだけである。

2 つの極は1つに交わる。 すべての真実は、半分だけ正しい。 すべての逆説は調和する”

熱いことと冷たいことは正反対ではない、 ということを古めかしい言い方で表現するとこうなります。

温度という棒の両端に位置するのは、“熱い”と“冷たい”という2つの点です。 貧困と裕福は、お金に関 する尺度の両端に位置する2つの点です。

健康と病弱は、活力という棒の両端にある2つの点です。 孤独 と満ち足りた関係を比べても、 決して正反対ではありません。同じ棒の両端なのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一瞬のうちにすべての部分が変わり、すべての状態が一本の棒の上であることを理 解できれば、いちいち驚いたり、危機感を募らせたりすることはなくなります。

ネガティブな要素と同時に、 必ずポジティブな要素があることが理解できるからで す。

通帳を見て、口座に残っている金額が十分では ない時も「この数字は一本の棒の上 の一点なので、実際は大きな金額である」と思えばよいのです。

鏡に映る自分の体を見て不健康に感じたり、 気に入らなかったりする時も 「夢に見る理想の体型に近づいてい る」と感じればよいのです。

恋も人間関係も、そして仕事も同じです。

自分という存在が尊ばれない労働 環境にあると感じる時は 「素晴らしい。この場所で尊敬を集める途中の点にある」と思ってください。

可能性は、常に振動(波動)に宿ります。

経済的に苦しんでいる人は、裕福と貧困は同じ1本の棒の両端であると考えることか ら始めてください。
たどり着けない場所ではありません。

孤独感にさいなまれながら、ソウルメイトが現れるのをひた すら待っている人も同 じです。
もう1つの端に行って多くの人たちや素晴らしいソウルメイトに出会い、
幸せな人 間関係を実現させることは不可能ではありません。

熱いことと冷たいことは正反対ではなく、 温度という棒の両端に位置するのは、“熱い”と“冷たい”という2つの点です。

貧困と裕福は、お金に関 する尺度の両端に位置する2つの点です。 健康と病弱は、活力という棒の両端にある2つの点です。

孤独と満ち足りた関係を比べても、 決して正反対ではありません。

同じ棒の両端なのです。 一瞬のうちにすべての部分が変わり、

すべての状態が一本の棒の上であることを理解で きれば、 いちいち驚いたり、危機感を募らせたりすることはなくなります。

ネガティブな要素と同時に、 必ずポジティブな要素があることが理解できるからで す。

DSC_0037

レコーディングスタジオを想像してみて ください。 ボリュームコントロールのレバーがいくつも並んでいます。

このレバーを上下に動かし、
それ ぞれの音量を調節して、最高の状態になった瞬間に録音が行われます。

あなたの心の中にも、多くのレバ ーがあります。 そして、それぞれのレバーがさまざまな人生の側面につながっています。

お金、健康、人間関係、家庭生活など、さまざまな側面のレバーをイメージしてく ださい。

レバーの位置は、今どのあたりですか? 下に向かうほどネガティブに、上に向かえばポジティブな状態を示します。

お金のレバーの目盛りは、今どのあたりですか? 中間点より上ですか? それとも下ですか?

最初に 思い浮かべたことを信じてください。

それでは、上げたレバーをそのままの状態にしておくために錠をかけましょう。 スーツケースに使うよう なものをイメージしてください。 絶対に外れないよう、大きな錠を使ってもかまいません。

こうしておけ ば、エネルギーと思いを高いまま保ち、 何事に対しても楽観的でいられることができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お金のレバーが終わったら、他の側面に関するレバーも上げ、 そして錠をかけていきましょう。

一番下の 目盛りはネガティブな体験、あるいは何かが足りない状態を示し、 一番上の目盛りは豊かですべてが揃っ た状態を示します。

あなたが望むものは、中間点より上でしょうか? それとも下でしょうか?

大切なのは、自分が満足できるところまでレバーを押し上げ、 下がってこないようにしっかりと錠をかけることです。

そして、問題が生まれた時には定期的にイメージす るよう心かげてください。

DSC_0046

生きていく上で大切なのは、問題が生まれないようにすることではなく、 生まれた問題にどう対処していくかです。

問題に直面しなければならない時は、この第4の原則を活用して状態を変性させ、 高い世界へ持っていくことで消滅させてください。

すべての問題が存在するのは、物質世界にほかなりません。 解決策は、物質世界より高い場所にあります。

問題を否定したり無視したりす るのではなく、 高い世界へ移っていくことでエネルギーを変性させるのです。

キバリオン1

キバリオン2

キバリオン3

キバリオン4

キバリオン5

キバリオン6

キバリオン7