スピリチュアル

”思い込み”と”直感”の見分け方

10

宇宙からのメッセージ(直感)は、静かに焦らせる事なく、何回もドーン、ドーン、とお寺の鐘を叩くような感じで感じでやってきます。

低音でお腹に響くような。

直感というと、イメージ的には、頭頂や第三の目からピカーンと光のように差し込んで来て欲しい気がしますが、私の場合はどちらかというと、お腹や子宮あたり、もっと低いチャクラで、地味にしつこく受けとる感じがします。

例えば、あれを買った方がいいかな~どうしようかな~と思って天に相談した後、それについての良いうわさを偶然友達から聞いたり、広告で目にしたり、DMが送られてきたり。。。と3回以上、あちこちからメッセージが来ます。

一方、”思い込み”、というのは大変衝動的で、今しなくちゃ!今を逃したらもう次はない!のようにすごく焦らされます。

百貨店のセールで、今日限り半額と煽られて勢いで買ったけど、一度も来てないワンピース、といったような感じです。

天は、そんなに人間を焦らせることはなく、もっと忍耐強く、気づくまで何回でもメッセージを送ってくれるので大丈夫です。

むしろ焦らせるものは、なにか違うのかもしれません。

自分が弱ってるとき程、判断は鈍ってしまうので、それにつけ込んで不安を煽って買わせる商品を、自分が目の前に自分で現象化させてしまいます。

正常なときは、まさかそんな壷は買わんやろ~!って笑っていたのが、
不安になるとなぜか買ってしまう。。。というような。

壷に手が伸びそうになったら、それは思い込みだと思います。

恋愛に例えると、『愛』が直感で、『恋』が思い込みのような感じ?

ソウルメイトとは、迷ったり悩んだり、疑ったり、離れたりくっ付いたり、
途中はいろいろあっても、長いスパンで見るとなぜか自然に寄り添っていく感じで、

恋は、キャーッと燃え上がって、

今!気持ちを伝えないと誰かに先越される!手遅れになる!
って異常に焦って狂う感じです。

直感(=直観)は、真っすぐ、直接ものを観る、ということで、

そこに感情は一切入る余地がないものだと思います。

あまり深く考えたり悩まなくても、自力で自分の人生のすべてをコントロールしたいという執着を手放せば、自然に秩序が整っていくものなのでしょう。

なので高次の視点からものを見れる人は、何をやっても優雅にうまくいくようです。

敢えて言えば、直感は

『やろうと思ってるのにまだやってない事』

『やめるべきだと思ってるのにまだやってる事』

ではないでしょうか。

心の何処かで絶対に分かってる事です。

往々にして直感は痛く、直感に従って行動するのは勇気が要ります。

makiko

===============

ライトワーカーの方へのアセンションプログラム

ライタリアンプログラム

ライタリアンという言葉は、気づきの拡大とスピリチュアルな進化を進める目的で、エーテルの光のエネルギーの使い方をマスターする人を指します。

来るべき時に行うスピリチュアルな奉仕について、より速やかに適切に準備するために、このプロセスをもっと加速させることが緊急に必要だと感じている人もいるでしょう。

自分がスピリチュアルな成長の『高速車線』に乗っていると自覚している人にとって、セルフエンパワーメント、浄化、癒し、活性化、顕現という5つのプロセス進展は、神聖な領域からのサポートやライタリアンのエネルギーワークによって促進することができます。

最終目標は、肉体、心、精神、スピリットが再び一体になること、精神と肉体の波動がハイヤーセルフと再び一体になるレベルまで、浄化され、高められることです。