メッセージ

考えすぎをやめる時

あなたは物事に関して

解決を急ぎすぎるところはありませんか?

結論を思い描いてばかりいず

目の前の物事をよく観察しましょう。

偶然に見えるものや

良くも悪くも、強く感じる感覚や感情に

あなたの目的と手掛かりがあります。

この瞬間、自分の中心に留まり、

よく観察し消化しましょう。

観察というのは

『考えすぎる』

と言うのとは違います。

考えすぎる、というのは頭の中だけで

生きている、ということで

あなたを蝕みます。

実際とは大きな隔たりがある場合が

多いにも関わらず、

あなたがそう考えるから

それが起こる、ということがあります。

あなたの頭の中は

何の考え事で占められているか

ありのままをしっかり観察しましょう。

あなたの頭の中にあなた以外の人が

常時何人いるでしょうか。

時折時間をとって

あなたの頭の中にあなた以外

誰もいないようにしてみてください。

少し外に出て行ってもらうイメージです。

今、あなたの闇の部分が立ち現れてきて

それをしっかりと観察できているなら

夜明けは近いです。

恐れているならまだ見れないからです。

夏至までに、怖がりながら生きるパターンを終了しましょう。

Makiko