心(魂)の望みを認め受け入れる

自分にコンプレックスが強いと

『最先端』や、

『本物』『資格』みたいな文字に弱く、

飛びついた瞬間、魂を抜き取られることも多いようです。

 

エゴ=思考は、

『何でも知りたい』

『もっと本当のことを知りたい』

『人より先に、多く知りたい』

『人と差をつけるために知りたい』

と貪るように何かを追いかけますが、

 

魂(こころ)は

 

『自分を愛すること』

 

だけを求めているんじゃないかなぁ

と思います。

 

魂(こころ)は

何かを知りたい、何かになりたい、という風なものではなく、例えば

 

 

*自由に自分らしく居たい。

 

*人から尊敬されたい。

 

*褒められて好かれたい。

 

*そのままの私でも良いんだよって実感したい。

*人を信じたい。

 

*心から安心できる人、信頼できる人、自分の人生を預けたいと心底思える人に出会いたい。

*自分のくせや、良いところ、わがままなところ、全部を理解して受け止めてくれる人にそばにいてほしい。

*楽に生きたい。

 

*心配事、人に合わせて不安にかられる毎日にはもうさよならをしたい。

 

*心に余裕を持って毎日を生き生きと過ごしたい。

 

 

みたいなことを願っているのではないでしょうか。

 

上記は、ただの一例なのでみんなに当てはまるものではありませんが、一度

『自分の本当の心の望み』

を胸に手を当てて聞いてみてください。

 

そしてそれを認めることが、自分を愛することの第一歩です。

 

いろんなエゴの声がうるさくまとわり付くかもしれません。

こんなことを考えるのは幼稚だとか、恥ずかしいとか、ダメだとか、もっと高尚なことや、世に意味のある事、大きな事を願うべきだとか。

 

エゴの声は、あなたの愛するペットの子犬のように扱ってください。

キャンキャン声がうるさいからといって、『黙れ!バコン!』と殴ったりしませんよね。

お手やお代わりをしつけるように、根気よくなだめたりすかしたりしながら、上手に手なづけて行くのです。

エゴの声をなだめると、あなたはもっとあなたの心(魂)の声を素直に受け入れることができるようになります。

 

Makiko