今日は新月〜お金の引き寄せかた

私はこれまでの人生で一回だけすごいお金を引き寄せたことがあります。

20代の頃、写真館で7年間ほど店長をしていた時です。

始めの3年間は無我夢中で働いていました。

環境も良くスタッフも良く売り上げも良く、楽しかったです。

 

でも誰にでも襲ってくるものだと思いますが、4年目ぐらいから慣れて飽きてきました。

飽きながらも特に決定的な嫌な要素がなかった、というかむしろ恵まれすぎていたので、感謝が足りないのかも、と思うことにして、ズルズルと続けていました。

 

でもこの『飽き』というのが私には一番苦しい要素でした。

 

7年目ぐらいのある日、その時はガラケーだったのですが、自分の夢を入力すると毎晩それがメールで送られてくる、というサイトがあり何気なく

『海外ダンサーになる』

と入力しました。

 

無料のサービスですし、何書いても私しか見ないので、叶わなくても恥ずかしくないことを書いていました。

 

毎晩自分が入力した

『海外ダンサーになる』

を見て寝るだけです。

 

それから忘れた頃に、1000万ぐらいと、海外でダンスの先生である旦那が降ってきました。

 

こういうのをビギナーズラック、というのだと思います。

何もスピリチュアルなお勉強をしてないのが良かったのだと思います。

引き寄せのために波動を良くしておかなければならないとか、ブロックを解除しておかねばならないとか、そういうのはあまり関係ないことを知っています。

 

ちらっと本屋で立ち読みした言葉で印象に残ったのが

 

*お金は、神様がこの人にお金を落としたらオモロイことしてくれそうやな〜と思う人に落ちてくる*

 

という一文でした。

 

あと、これは正反対の人もいると思うのですが

 

*自分の夢を人に言わないことが叶うコツ*

 

最後に、これはもう絶対そうだと思うのですが

 

*自分の現状の延長線上の夢ではなく、ありえないような夢しか叶わない*

 

 

 

今日は新月。

ありえないような夢を描いてください。

Makiko