ライトワーカーの苦しみ

ライトワーカーの人たちによく見られるパターンがあります。

これらのパターンは、日常の状況によって、現れたりそうでなかったりするでしょうし、人生の大きな一掃サイクルの中で、潮のように引いたり満ちたりするかもしれません。

 

*自分への慈しみの欠如

*失敗に対する過度の恐れ

*仕事中毒症

*自己価値観の欠如

*勇気の欠如

*世間から隠退する過度の必要性

*コントロールされることに対する過度の恐れ

*他者への過度の同情

*自己信頼の欠如

*他者との繋がりの欠如

 

最も悟りに近くありながら、最も根本的な人間的課題と格闘しているスピリチュアルな存在達、それがライトワーカーなのです。

ライトワーカーはヒーリングや環境保護活動、カウンセリングなど、誰かを癒す、守る、導くことを使命として生まれてきた人の総称です。

誰かを助けたい、癒したい、支えたい。

けれども同じぐらいかそれ以上に、自己の癒しやサポートが必要なのです。

 

ライトワーカーのタイプの中にスターピープルの質をお持ちの方が沢山いらっしゃいます。

スターピープルはとくに幼少期、苦悩しながら生きていかなければいけない傾向にあります。

周りとのズレを感じ、孤独感にとらわれてしまうのです。

これは、スターピープルがもともと別の星の人間だったために起こる不適合です。

普通の地球人より魂の次元が高い人々ですので、ひとたび覚醒すれば有意義な人生を送ることができます。

自分の使命に気づけば、自分自身がアセンションして、精神的にも強くなれます。

しかしそれに気づかず、3次元のままで一生を過ごしてしまうと、苦悩の人生を歩んでしまいかねません。

スターピープルが幸せに生きるためには、自分自身がアセンションして、転生前の力を取り戻す必要があります。

スターピープルとしての自覚がない状態では、日常生活で感じる違和感と制御できないエンパシー能力に悩まされますが、目覚めを迎えることでエンパシー能力の制御が可能となり地球へ適応できるようになります。

 

そして、自分が何者なのかを知ったスターピープルはライトワーカーの一員として波動上昇のサポート活動を始めるようになるのです。

現在地球を訪れているスターピープルの80%がこの活動に取り組んでいると言われていて、地球全体に光のエネルギーを届けることを目的としています。

スターピープルは地球へと転生して時間が経つほど肉体と魂にズレが生じるため定期的に肉体と魂をチューニングしてあげなければいけません。

なのでスターピープルがレイキヒーリングや自然療法、エネルギーワークに興味を持つのは、自然で当然のことのように思います。

スターピープルの中には『癒し』ではなく『光の戦士』として活動するタイプの人もいます。

光の戦士は、波動上昇を妨げるネガティブエネルギーや闇の勢力を退けることが主な仕事です。

例えば、差別の撤廃、圧政からの解放、人権運動などの活動で人々を率いるリーダーとして政治的な分野でも活躍しています。

 

 

==============

セッション一覧

http://www.makikokurata.jp