許しのパワー

6月の夏至以降、そのままの自分ではダメだと勘違いして、何かを始める動機としてマイナスからスタートする、という人がだいぶ居なくなってきたように思います。

負を原動力にする時代の終わりというか。

10年前ぐらいからそのような事は言われているので、頭ではわかっていたけど、という人達がその頭からお腹にまでストンと落ちた、というような感じです。

 

今まで、

良いところまで行ってもいつも最後燃え尽き症候群。


やっぱりだれも解ってくれない。

この世の中、人間、自分なんて嫌い。


いつか見返したい。皆をあっと言わせたい。


だから頑張る。


燃え尽きる。


こんなに頑張ってるのにやっぱりだれも解ってくれない。

 

のスパイラルにはまっていた人が、スルッと何かの拍子に何かに気づいて

ステージがひとつ上がり、自分(=全体=宇宙)を信頼し

この自分が『許された世界』

を見始めたようです。

ネガティブな感情を全て浄化し、白いキャンパスにシミひとつないクリーンな人間になる修行をした人よりも、ネガティブな感情や、弱くてダサイ自分が自分の中にある、とそのままの自分を諦めて(明らかに観て)許した人の魂のステージの方が早く上がってしまう、という何とも不公平な気もしますがそんな感じです^^

 

これが許しのパワーの凄いところ。

皆が自分の中にある『愛』に気づいて、温かい社会になればいいなぁと思います。

Makiko