神さまと自然の美しさとだけ一緒にいる自由な時間

 

「クリスタは両手を頭の下に当てて、草の上に寝ころび、大きな目を開けて、果てしのない青い空をながめます。

 

これが彼女にとって一番幸福な時です。

 

こんなにはげしい労働をする小さな花売り娘は、さぞ不満をもっているのだろうと考える必要はありません。

 

彼女は決して不満をもったことはありません。

 

毎日三十分間、こうして自由になる時間のあるかぎり、将来も不満はもたないでしょう。

 

野原で、草や花の中で、天を仰いで寝そべっている時、クリスタは幸福です。

 

そこには人もおらず、マーケットもなく、疲れも忘れてしまいます。

 

クリスタは毎日こういう時間

 

― 神さまと自然の美しさとだけいっしょにいる自由な時間 ―

 

をもてますようにと考え、夢見るだけです。」

 

〜創作童話〜「花売り娘」より