第2チャクラ〜情緒の安定

免疫力を上げるには、如何にクリエイティブに生きるか、ということが鍵になります。

何かに貢献している、何かを生み出している、という感覚が第2チャクラを活性化させます。

第2チャクラの力が弱まっているサイン は お腹の冷え、腰痛として現れやすいです。

子宮を冷やさない様にしましょう。

 

■第2チャクラ(スヴァディシュターナ)の場所

丹田(おへその指3本下)にあり、生殖器や膀胱、免疫機能に影響します。

このチャクラから放出しているエネルギーの色は、『オレンジ』です。

 

■第2チャクラのテーマ

☆食べ物、運動、睡眠、肉体的な喜び

☆自分と親、恋人、夫、友達、子供との人間関係

☆自分とお金、仕事との関係

 

 

ここが活性化すると

♢感受性が強くなる

♢情緒のバランスが整う

♢人間関係において安心感、信頼感が高まる(人間関係のストレスが和らぐ)

♢共感、繊細さ、優しさ、そして感情面で、調和のとれた関係性を創り出す力が育つ。

♢受容性、理解力、順応性、想像力を強める事で、リラックスし、穏やかで魅力的な人格をつくる。

 

 

■第2チャクラを活性化するヨガポーズ

舟のポーズ  橋のポーズ  ワニのポーズ

 

ポーズを取りながら、第2チャクラのオレンジ色のボールが、右回りに回転している所をイメージします。

オレンジのボールが濁っていたり、スムーズに回転してないような気がする時は、

深い呼吸と共に、鮮やかに輝くオレンジ色のボールが

くるくるとオレンジの光を放ちながら回転している様にイメージします。

 

ゆっくり5~10呼吸、ポーズを保ちます。

最後にシャバーサナ(屍のポーズ)を3~10分取り入れる事で、この日のヨガの効果が身体に浸透しますので

忘れずに行って下さい。

 

 

アファーメーション

♦︎私は信頼し、信頼される健全な友人関係を選びます。