2017年体験から学んだ事

2017年を振り返って『今年学んだ事』をニュースレターの読者様にお聞きして、シェアしていただきました。

シンクロされる方も多いと思いますので、ご紹介します。

 

『今年一番 ”体験から” 学んだ事』

 

ずぅ~…っとインドア派だと思ってた私が、生まれて初めてスケボーというものに挑戦しました。

そしたら、あれ…なんか楽しいやん♪

ってなって、ちょっと上手くなりたいやんっ!

ってなって、いろんな人の動画見て研究したり、毎日練習したりしまくってた矢先に…

 

捻挫しました(笑)。

 

足首が像になり、歩くのですら痛くて

サポーターのお世話になり、もちろんスケボーなんて全然乗れません。

 

そん時ふと思ったわけです。

なんか私。。。

今まで自分が楽しいと思えることをせっかく発見しても、

それを楽しまずに、頑張ってたな…っと。。。

 

スケボー上手い人を見て、あの人みたいに滑りたいー!

とか、それはそれでええと思うんですが

本来の自分は、スケボーをどう楽しみたいのか

自分が楽しむというのはどういうことなのかということを無視してました。。

そして、楽しむことを優先する、ってことも

していないことに気づきました。。

 

足の捻挫がそろそろ治ってきた頃

またスケボーに乗ってみました。

以前のように、上手くなってやる!とか

練習練習!!とか思わずに

ゆっくり、自分が気持ちいい感じに乗って疲れる前に終わりました(笑)。

スケボーと捻挫のセットから(笑)

今まで自分が楽しむということを優先していなかった

楽しむと頑張るをごちゃ混ぜにしてた

そして、楽しむって頑張らないってこと

っていうことを学びました。

(R様)

 

 

ビジネスをもっと広げていきたいと思い、勉強やコンサル、プロデュースなどいろいろなものに手を出して自己投資をした年でした。

 

情報がたくさん入ってきて自分が何をしたくて何を考えているのかが分からなくなったこともあります。

そして結局、どの本も協会も講座もコンサルタントも、、、

みんな言ってることは大きくいえば同じ、

 

「答えは自分の中にある」

 

私がどうしたいのか、なぜ、なんのために、

どれもこれもそこがないと、何も稼働しない。

で。点で見ないで線で見る。

あの勉強に投資しないで違う方にすればよかった、など考えることが以前はありましたが、

どんな選択肢を選んでも、自分の責任であり、

それがそのときの自分にとって一番であり

必ず何かしらの意味がある。

学びは永遠。

その過程自体をもっと楽しむ。

どんなすごい人だってその段階ごとの悩みや課題があり、

それを問題と思うかどうかはその人次第。

すべてはただの出来事、事実であり、

私のフィルターで、どう見るか、自分次第。

やっと、いろんな体験を通して腑に落ちてきて、

すべてを楽しめる、俯瞰できるようになってきた、

精神的に成長することができた1年でした。

離れたところから見れるようになってきました。

(M様)

 

 

今年学んだのは家族とはなんぞや、そして
自分とは何者?みたいなところです。

 

かなりハードに問いかけられ、大事なのは自分自身だと気づかされました。

全部自分なんですね。

こんなところもあんなところも

まさかこんなとこまで自分なの?!

って驚くほど自分から出てきたものたちに

驚ろきつつ、一個一個高速に学ばせて

頂きました。ありがとうございます。

(S様)

 

 

人前に出ることが苦手で、
話す声も何度も聞き返されるような弱い声の私が、
先生と呼ばれるような立場に身を置くようになってもうすぐ2年です。

酷く緊急していた最初の頃と比べると、

少しは落ち着いて前に立ててるかなと思えるようになってきました。

そこで、

今まではある程度決まった内容に

マイナーチェンジを加えながら繰り返してきた普段のクラスとは別に、

もう少し深い理解を促すような特別クラスの開催にチャレンジすることにしました。

ちょうど今日、そのクラスを終えたとこです。

 

人に伝えようと思うと、

自分のなかに深く腑に落ちていないとなかなか上手く説明できないことを実感し、

今までの学びを再度振り返る作業をしました。

 

それだけでも十分素晴らしい機会となったと思っていますが、

クラスの序盤はとても苦しい思いをしました。

 

得た知識をそのまま全部伝えなきゃと思うあまりに、

少し背伸びをした内容になっていると気づいて、

途中からは、その思いを手放して、

自分の体験から感じたことをもとに、

自分の言葉で話すことを意図にして進めるようにしました。

 

なので、伝えたかったけど抜けてしまったことが多々あり、

次への課題も山積みですが、

私の拙い話の行間から多くのことを汲み取ってくれた賢い生徒さんに感動し、

勇気づけられながら終えることができました。

 

インプットは大好きでも、

アウトプットは無理!と言って踏み出しきれないままきていたけれど、

いざアウトプットしてみたら、

私が出した以上のものが戻ってきた気分です。

 

完璧になってから出したいと考えていると、

完璧になんていつまでたってもなれないと思います。

今できる精一杯のことを表現していくことの大切さを、

今回の特別クラスを通して実感しました。

石橋を叩き続けて未知の領域へ行ってみようとしない性格を、

来年はもう少し克服して、

私のなかにあるものを表現することを恐れずにいきたいと思っています。

(N様)

 

 

今年の体験「自分の意志で選ぶ」ということ。

 

小さなことから始まって

自分へのご褒美(食べ物、時間の使い方、スキンケア)

選びたいものをちゃんと選ぶ対象が少しずつ、大きくなったり、深くなったりしています。

お庭作り、食器を新しくする。

最近、働き方、働く目的、お金の使い方、家族との距離感。

どんどん選択し直しの機会やきっかけがやってきています。

慣れてなくて、とっても迷って、不安になったり、怖くなったり、ドキドキしたり、ワクワクしたりです。

でも、そうやって自分で選ぶことで新しいことにも出会っていけて(いちいちとっても戸惑うんだけど)いることを実感もしています。

まだ体験中ですが、大事なこと、嬉しいことだと実感中です。

(T様)

 

 

 

========

 

他にも『身体を動かしてチャレンジする』『楽観的に過ごす事についての大切さ』など、たくさんお寄せいただきありがとうございました♡

2018年も共にプロセスを楽しみましょう♪

Makiko