お客さんが一人も来ない辛さ

今朝は、社員旅行でこちらに来られている方達のビーチヨガの予約が入っていて、今年初のビーチヨガになるか!?と思っていましたが、やはりまだ寒く、天気も良くないので昨夜先方からキャンセルのご連絡がありました。

私もまだ体調が万全ではなかったので、内心ちょっとホッとしてしまいました。

でもせっかく石垣島に来られてるので、昼から晴れて欲しいな。

 

若いときに行っていた小さな規模のスポーツクラブで、お客さんが一人も来られてないエアロビクスのインストラクターを見たことがあります。

新人さんみたいで、向かいのジムコーナーにはたくさん人がいるけど、時間になっても誰もスタジオに入ってこないので、少ししてから照明を消して、『お疲れさまでした〜!!』とエアロ系の人独特の笑顔で帰って行かれました。

 

私を含め、その時ジムにいてた人全員がその姿を見ながら、見てない振りをしました。

 

次の週に行ったら、2、3人そのクラスに入って行った人がいたので、たぶんその時ジムにいた人みんなが『今週は良かったな〜』ってホッとしたんじゃないかな、って思います。

 

これって、スポーツクラブでインストラクターをしている人が必ずといっていいほど通る洗礼みたいなもので、誰も来なくて泣いて帰って行く若いインストラクターもいました。

あまり0人が続くとクビになるのですが。。。

 

お客さんが誰も来ない辛さってわかります!

私ももちろん経験あります。

 

私の場合は、ヨガ専門のスタジオの空いている午後の時間をレンタルして使わせてもらってたのですが、その日は誰も来られず、レンタル料は払ってるのでもったいないので一人で練習をして帰りました。

そこにはジムは併設されてなかったので他の人はいなかったのですが、一人だけいた受付のお兄さんの位置からスタジオ内が丸見えで、それが何より屈辱的でした。

受付を通って帰るとき、私はあのエアロのインストラクターのような笑顔の演技は出来ず、お兄さんが声をかけ辛いほど

 

凹んでます。。。

 

という顔で通り過ぎました。

 

 

フランクフルトで、小さなヒーリングイベントを企画したことがあって、出店者は4人ぐらいだったのですが、他はそこそこ入っていたのに私のブースだけ誰も来られなかったこともあります。

 

私が企画者なのに!(笑)

 

こういうのは『失敗』というのかどうかはわかりませんが、これからもあると思います。

なので心底、一人でも来てくれたら嬉しいと思うし、一人でもブログを読んでくれる人がいてくれたらありがたいなあと思います。

 

いつもありがとうございます m(_ _)m

Makiko

 

 

一人でも来てもらえたら嬉しいです☆