女は肌だけで生きている

太宰治の『皮膚と心』は、左乳房の下に小豆粒に似た吹き出物を見つけた新妻の「私」が、夫に連れられて皮膚科に行く話です。

去年の夏、海や山で私が全身虫にさされていたときにタイムリーに読みました。

太宰治自身が「男のくせに、顔の吹出物をひどく気にする」自分の気質から着想を得て書いたそうですが、本当に人の心をうまく表している作品だと思いました。

 

 

私の自負していた謙譲だの、

つつましさだの、

忍従だのも、

案外あてにならない偽物で、

内実は私も知覚、感触の一喜一憂だけで、

めくらのように生きていたあわれな女だったのだと気づいて、

知覚、感触がどんなに鋭敏だっても、

それは動物的なものなのだ。

ちっとも叡智とは関係ない。

全く愚鈍な白痴でしかないのだ、

とはっきり自身を知りました。

 

 

 

私は、これでも自身の知覚のデリケエトを、

なんだか高尚のことに思って、

それを頭の良さと思い違いをして、

こっそり自身をいたわっていたところ、なかったか。

私は、結局は、おろかな、頭のわるい女ですのね。

 

 

太宰治 皮膚と心より

 

This entry was posted in 日常 and tagged .