子宮頸がんの原因

 

img_2088

昨日はぱたりと閉じてしまった、東城百合子先生の自然療法の本ですが、やっぱり今日ごそごそと取り出して読んでみました。

ありとあらゆる病気の原因と、効果的な食事などが羅列されています。

 

 

【子宮がん(子宮頸がん、子宮筋腫も含む)】P167〜168

子宮がんの原因については未婚の女性に多いとか、妊娠中絶とか言われていますが、一番の問題は

 

 

食生活の乱れ

 

と思います。

 

 

《食事法》

 

主食 = 玄米飯

副食 = 海藻、根菜類、にら、ねぎ、ごま、梅干し、たくあんなど

 

禁食 = 甘いもの(和洋菓子、コーヒーその他)、果物の過食、これ等のものを好む女性は血液の循環が悪く、身体が冷えて子供ができない。

性行為に不快感をおぼえ、異性から嫌われ、いっそう不幸になります。

肉、卵などのたべすぎなども同様で、ひどく偏った食べ方は、身体が異常になる原因をつくり、不健康と共に性格にも大きく陰をなげかけます。

 

 

が 〜 ん |||||/( ̄ロ ̄;)\||||||| 

 

 

 

 

もう甘いもの、コーヒー、果物はやめる。

 

その後も、延々と百合子節でビシバシとメッタ切りにされていく。

 

 

【自律神経失調症】P278

自律神経が失調する人は我が強く、自己中心的で人の言うことを聞き入れない人や、つまらないことを気にして、気にすべきことを気にしない。

原因はいろいろですが、自分の頭の中でかいたボタ餅を、現実になると考える。

それは錯覚ですがそう思えない。

それは実現しないのが当然なのに、思うようにいかないと不平不満をつくります。

それが神経を疲労させ、自然の流れを止めてしまう。

使うべきところに使わず、使わなくてもいいところに使って神経をすりへらす。

そのストレス過多で詰まってしまったのが自律神経失調症です。

 

Σ(゚Д゚;)ギクッ

 

 

まだまだ百合子は止まらない。

 

 

【神経質症】

原因は恐怖、不安からである。

ノイローゼの最良薬はどんなに苦痛であっても、自分のやるべき仕事をどんなに不完全で下手クソにしかできなくても、ただやることです。

 

 

【ウツ病】

不平、不満が原因で神経症と同じように内向的な性格の人に多い。

野外スポーツができなければ、毎日、雨でも風でも、にぎやかな場所を2時間以上歩くことが有効。

 

 

【不妊症】

甘味品、コーヒー、菓子、くだものなどを好んで良く食べる人は不妊型で子供ができにくい。

また性欲が無く、性行為に不快を覚えたり、不感症だったりします。

そのため、異性に好かれないし、女性的な魅力もない。

食養生も頭からではなく、心で理解しないと長続きできない。

白砂糖はいけないと頭で思って無理にセーブしても、がまんの糸が切れると、いけないと思いながらバカみたいに食べてダウンする。

 

 

【ハタケ】

ハタケのできる子は元気なイタズラな男の子に多く、顔をよく洗わないのが原因らしい。

 

 

【餅をのどにつまらせた時】

もちをのどにつまらせるとあわてます。

グズグズしていると呼吸も止まります。

医者を呼ぶひまもない。

そんな時に酢を飲ませると奇妙に下がります。

 

【腸チフス】

回復期の注意:よくなりかけますと非常にお腹がすくので、かくれて食べたり、変わったものを食べたりして、せっかく死線をこえたのに食いしん坊のために死ぬ人もあります。

 

もっともっと百合子節を浴びたい方はこちら

 


最後は百合子にもっと殴って欲しくなりました。

 

私が、大雑把にまとめさせていただくと

 

冷えは万病の元

 

ということでした。

皆様、暖かくしてお過ごし下さい。

 

Makiko