野底マーペー伝説

IMG_1281

 

野底にマーペーと呼ばれている野底岳があります。

去年は、上級者コースから登って道を見失い、あと一歩のところで断念したので今回は、楽々コースから。。。

 

IMG_2583

 

 

とは言え、それほど楽々、という訳ではありません。

 

 

IMG_2584

 

 

この草をかき分けて行きます。

 

 

IMG_2592

 

 

とかげくんも一緒に登ります。

 

 

IMG_2589

 

 

ヾ(≧∇≦*)/ワーイ

頂上です。

 

 

IMG_2588

 

野底の集落は、1732年に人口の多くなり過ぎた黒島から村人を野底に強制移住させて開拓された場所だそうです。

その中にはマーペーという娘がいました。

マーペーにはカニムイという恋人がいたのですが、カニムイは黒島に残り、二人は琉球王府の命令により離れ離れになってしまいました。

ある日、マーペーはそうしてもカニムイの住む黒島が見たくて、当時流行していたマラリアで寝込んでいたにも関わらず、苦しみながら野底岳に登りました。

しかし、石垣島で一番高い於茂登岳が立ちはだかり、黒島が見えません。

とうとう、精も今も尽きたマーペーは悲しみのあまり石になってしまいました。

人々はマーペーを哀れみ、この山を野底マーペーと呼ぶようになりました。

 

 

IMG_2595

 

今でも、頂上で石になったマーペーが、愛しのカニムイの住む黒島の方を見て座っています。

 

石垣島はちょっと悲しい伝説が多いですね。

 

Makiko