紙芝居師なっちゃん、にじのわこども園へ

FB_IMG_1464990158842

紙芝居師なっちゃん沖縄巡業ツアーの石垣島編の場所が決まりました!

7月25日(月)10:30〜12:00

にじのわこども園(ももぞの植物園内)です。

 

にじのわこども園は、ルドルフシュタイナーの教育理念を根っことして、活き活きとした子ども達を育むために、志を同じくするお母さん達が集まって誕生した南の島の小さなこども園です。

シュタイナーといえば、天使&妖精で有名ですね。

 

5年ほど前に読んだときには難しい本だな、と思いましたが、天使は自分の願いを引き寄せてくれる単なるお使いではない、もっと重要な仕事をしているんだな、と身が引き締まった覚えがあります。

 

シュタイナー教育はドイツで始まりました。

知性だけでない子どもの心や体、精神性をも含めた全人教育を目指し、そのためには教育そのものが芸術行為であることが大切だと考えていて、いわゆる教科書は使いません。

芸術的なものに触れると、人の感情は高まり、感覚が対象に集中します。

喜怒哀楽の感情とともに取り入れた知識は鮮明に記憶することができるので、シュタイナーはこの芸術の可能性をうまく教育に取り入れているのです。

特に小学生の評価は点数ではなく、今の子どもの姿を通して、どのように伸びようとしているかを見極め、それに向けてどれだけ努力したかも評価の対象になります。

教育の目的が、『試験で高得点を取れる知識を身につけさせることではなく、年齢ごとの発達にふさわしい働きかけにより全人としての子どもを育むこと』ということです。

 

私がドイツにいたときも、近くにシュタイナーの学校がありましたが、みんなで1年かけて、家の設計図を描き、木を運んで家を作り、その家で生活し、最後にその家を壊す。

というようなダイナミックな授業をしていたようです。

そんな授業ワクワクしすぎですね!

 

今回は、そのシュタイナー教育の方針で営んでいる『にじのわこども園』で、なっちゃんの紙芝居とワークショップをさせていただくことになりました☆☆

 

以下は、先日宮城で行われた紙芝居師なっちゃん東北復興紙芝居巡業の紙芝居ワークショーップの一場面より。。。

 

13423892_1039827332765425_8486524744591556286_n

 

それぞれ、思い思いに絵を描きます。

 

13417626_1039827432765415_186321881708887823_n

 

大人もこどもも、みんな絵を描きます。

 

13346558_1039827456098746_3991261046054675163_n

 

これらの絵を、なっちゃんが即興でつなげて紙芝居にしていきます!!

 

13331155_1039827612765397_9041226366617294385_n

 

一体どんなお話ができるのでしょうね!!

 

ぜひみんなで素敵な紙芝居を作りましょう♪

FBイベントpage

 

紙芝居石垣島