『特別』と『孤独』

IMG_2215

銀色夏生さんの詩にはまったのは高校生のとき。

当時のわたしは、自分の思ってる事を表現する語彙を全くもっていなかったので、彼女の詩は私のこころを代弁してくれているようで、読むとすっきりとした浄化作用があったのでした。

 

銀色夏生さんは、

『作品は苦しむ事からしか生まれない。ものを作るって、平和にしてたら胸に響くものは何も生まれない。自分もゆれているときに、たくさん言葉がでてくる』

というような事を言ってました。

アーチスト特有の孤独好きだと思います。

表現者は、自分は人と違って特別なはずだ、と思わないとやっていけないところもあると思うので。。。

 

有名人や成功者の一言って、若い時、もしくは自分が憧れてるけどまだその分野に詳しくない時ほど、なるほど、って鵜呑みをしてしまいがちなので危険でもあります。

そのまま真に受けて、よいアーチストになるためには孤独感が必要なのかと思って、一人で引きこもり、良い作品も出来ず本当に孤独になる人も多勢いるでしょう。

 

ワクワクしてれば大丈夫!の初級コースのステージにいる人もいれば

ワクワクしてるだけでは全然ダメ、の上級コースのステージにいる人もいます。

自分のステージにマッチした言葉を冷静に採用しなければ、ポジティブな言葉でさえ毒にもなり得ます。

 

始めの瞬発力にはなる孤独感ですが、遅かれ早かれ、それほど特別な人もいないし、自分も特別ではないことに気づくし、逆に言えば皆それぞれに特別、ようは皆一緒、ってことに気づきます。

私がこの人は本当に特別だな、ってビックリするのは愛のレベルが桁違いに違う人、とか。

そういう特別な人は確かにいます。

 

 

 

自分の人生で初めて直面する『特別な悩み』というのはあっても、『人とは全然違う自分だけの特別な悩み』というのはそうそうないような気がします。

それぞれのストーリーは色々なバージョンがあるけど、人間の本質はそう大差ないので、あまりストーリーは聞いてなかったりします。

ストーリーにとらわれると本質が見えにくくなってしまう。

ストーリーっていくらでも盛れるから。(笑)

 

 

『自分は特別ではない』

 

これって、自分は特別だと思いたい人ほど、絶対言いたくないマントラだと思いますが。(笑)

抵抗がある時ほど孤独なのかもしれません。

 

銀色夏生さんは、初期の2年間ぐらいの詩集しか読んでませんが、始めの『孤独感』を瞬発力として上手に活用した方だと思います。

 

 

他人の説教やからかいなど気にせずに、どんどんやりなさい。

けして周りを見たらダメだ。

仲間はいないんだ。

すくなくとも途中には。

 

君はやりたいように、どんどんやりなさい。

やりたいことを。

好きなやり方で。

その行為が同時に君を救うだろう。

その行為は同時に人をも救うだろう。

 

銀色夏生

 

 

私の中で、アーチストはその作品の完成度が素晴らしかったらそれでいので、その人が日常何をしてるとか本当はどんな人かとかあえて知りたくないのです。

仕事キッチリ、って言うのが好き。

舞台裏は真逆な感じなのがむしろ普通だと思うので。

 

 

以前仲良かった私の優しい友達のダンサーの、舞台での冴えなさといったら。(笑)

『ダンス凄かったね』じゃなくて『頑張ってたね』としか言えない、運動会を見に行ってる父兄の気分になります。

 

私の友達というのは、

『私も特別になりたいけど、そこまで特別な毒気もないのでたまに中途半端な孤独感に襲われる』

という感じの、私に似てる普通の人が好きです。

 

それが私にとって特別な友達。

 

近年はAmazonでも、夏生さんは変わってしまった、と酷評されてるようですが、昔のままの夏生さんで止まってて欲しい、私も止まってるんだから。もしくは私の望む方向に一緒に成長して欲しい、できれば私の一歩先で。みたいなアカの他人に対するみんなの期待って凄いな、と思います。

アカの他人の行く末をこぞって心配する日本国民は、やはり慈悲の国民なのでしょうか。(笑)

 

 

 

そんな夏生さんの大昔の詩。

 

満点の笑みがありました

幾星霜の夢の中

いつかは

あなたに会えるかも

そうしてそれは

何故でしょう

 

『これもすべて同じ一日』

 

 

 

う〜ん。確かに昔の夏生さんは凄かった!!

 

Makiko