求めれば助けてくれる神様

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先日、内観療法の話をかきましたが、この内観療法の中の次のステップとして、『養育費を算出する』というのがあります。

生まれて来てから大人になるまで、自分にどれぐらいお金を費やしてくれたかをこと細かに計算することによって、感謝を新たにする、というものです。

私は、子供もペットもいないので、自分以外の物にお金を使うという事がほとんどないのでよけい、感謝の気持ちが沸きました。

3人姉妹の長女のいじわるさで、ざっと下の二人の分も計算してみると。。。

 

真ん中は、ピアノとそろばんをちょっと習ってましたが、全然練習しないのですぐやめさせられてほとんどお稽古ごとなどはさせてもらってない。

私が芸大へ行くのを反対されたのは、もしかしてうちにお金がないのかなあと思ってた割に、一番下の妹は、いいピアノも買ってもらい、大阪音大まで行かせてもらっている。

 

ということを思い出しました。

でも一番下の妹は、いまでもお姉ちゃんお姉ちゃんといって話しかけてくれるので可愛い♡

真ん中は、昔から生存能力が強く、わが道を行く子で、私の事もたぶん新種の宗教でも始めた変わった人、と思ってることと思います。

 

この真ん中は、全く勉強しない子だったのですが、オタク的要素が強い子で、日本史と政治について語らせたら父親もタジタジなほど熱弁を振るいます。

自分の事もよくわかっていて、『私はパラサイト人間なの』と開き直っていました。

家でずっと籠ってXジャパンの曲を聴いていましたが、ある日突然、カップリングパーティーに出かけ、働き者のリッチな好青年とポンと結婚し、しばらくNYに住んでいた完全な勝ち組女です。

彼女によると『ジェネシャリスト(幅広く色々な領域をカバーする人)』と『スペシャリスト(オタク)』のカップルは長続きするのよ、おほほほ、ということです。

小さい子が2人いますが、下の子の世話や、両親から送られて来た野菜やプレッゼントのお礼の電話などはすべて、上の子にお任せで、自分は最近また新たにハマっている海外のシンガーの曲を一日中きいているそうです。

自分でもストレスという言葉の意味がわからない、といっていて、自分の結婚式でもひとり酔いつぶれ、親戚一同唖然としてるのに本人けろっとしていて、痩せの大食いで風邪一つ引いた事もなく、たぶん友達という友達もいないみたいなのですが、いつもものすごく楽しそうです。

 

その真ん中が1度だけ、つわりがひどくて私にヒーリングを送って欲しいと言ってきた事がありました。

私は、あの子がいうなんてそんなに辛いのか。。。と思って心をこめて送りましたが

『なんか、全然効かへんわ。』

とその後メールが来ました。

 

その彼女の口から、一回だけ『神様』という言葉を聞いた事があります。

なんでも、お姑さんにカチンときたことがあるらしく(たぶん問題は妹にあると思うのですが)、

『お前のおかんはどうたらこうたら。。。。』と、お姑さんの悪口をつらつらとメールに書いて、自分の旦那様に送ったらしいのです。

その後、

『しまった!やっぱりあんなメール送らなければよかった!

ごめんなさい神様。あのメールを取り消して下さい。』

と祈ったそうです。

 

そうしたら。。。

なぜか、ご主人のメールボックスにも届けられてなくて、自分の送信済みのところからも消えていたそうです。

 

『あの時だけは、神様は本当にいるわ、って思ったわ!!』

って、言ってました。

 

あの妹の願いすら聞いてくれる懐の深い神様。

でも、神様も天使もいらぬお節介はしないので、お願いして来た人の言う事だけ聞くみたいですよ。

皆さんも何かあったときはお願いしてみて下さいね。

 

Makiko