ヒーリングレイ(ライタリアンレイ3)

4

ヒーリングレイは独特なエネルギーのアチューメントで、

アセンディッドマスター、ブッダからヒーリングのサポートを受けるようになります。

このアチューメントによるヒーリングの効果は、あなたのエネルギーの全スペクトルに表れます。

つまり、あなたの肉体から最も高いレベルのエーテル的な

「内側の波動域」にまで及ぶのです。

このワークによって始まる素晴らしいヒーリングに、特定の時間枠や時間的制限はありません。

優しく、一人一人に合った真のヒーリングプロセスが、あなたにとって

最も崇高で偉大な目的を達成するため、適切なペースで進みます。

 

一人一人が自分自身のヒーリングに100%責任があり、

アセンディッドマスター、ブッダがあなたのヒーリングプロセスに、力を貸してくれます。

ヒーリングレイのプロセスで、あなたとアセンディッドマスター、ブッダの間に独特の関係性が生まれます。

彼は歩み出て、この拡張したヒーリングのワークを直接的、個人的な形であなたをサポートします。

ある意味、彼はあなたの存在全レベルのヒーリング・ガイドとして貢献します。

そして全てはハイヤーセルフとの完全な協力によって行われます。

アチューメント後、ハイヤーセルフが設定した肉体やサトルボディの

エネルギーパターンやヒーリングのペース次第で、劇的なエネルギーの変化が起こります。

あなたのエーテルと肉体のエネルギーが、新たなレベルの活力と波動を

経験するようになります。

 

 

■改善が必要な困難な健康問題により効果的に対処しようとすると、

自分自身への癒しに対する責任感が拡大します。

 

■あなたが人生の健康面にバランスをもたらすことに取り組むにつれて、

2つの重要なスピリチュアルな原則、「自制と放棄」の新たなレベルを

見い出すことになります。

それはあなたがこれまでに出会ったことのないレベルかもしれません。

 

■内なる叡智に完全にオープンになり、自己の気付きを広げ始めます。

 

ブッダ

ブッダは苦しみを終わらせる道を見つけることにその人生を費やしました。

彼は裕福な王族に生まれ、霊的な成長を求めて禁欲的な修業の道を歩もうとしましたが、最終的には中道である事が悟りへの道だということを理解しました。

彼は又、瞑想のもたらす利点と重要性を実証しており、彼の見識の多くは菩提樹の下での瞑想から得られました。

瞑想の習慣、中道である事の実践、あらゆる形の苦しみを乗り越えるにはブッダに助けを求めてください。

たとえわずかな時間でも日常的に瞑想する事で、あなたに素晴らしい贈り物がもたらされるでしょう。

 

 

自分の現実世界が、「イヤだ、面白くない、苦しい、」などと感じるのは、

全て肉体の自我意識(エゴ)によるものです。

肉体のエゴ(表面意識)の関心事と、魂の関心事は違います。

魂にとっては、心の器を大きくして、心を純化・意識を福化させる事だけが関心事で、

その為に必要と思われる最適な状況を創り出します。

この「最適な状況」というのは、病気や怪我、お金を失う事、失恋・離婚、失業など、一般的に、不幸・不運と呼ばれるような状況が多く含まれます。

一方、肉体のエゴの関心事は、多くの人にとっては、

健康・長寿、素晴らしい異性との恋愛・結婚、理想の仕事、社会的成功など、一般的に、幸福と呼ばれるような状況でしょう。

このように、魂の関心事と肉体のエゴの関心事とが違い、差(ギャップ)がある為に、

本当は、自分の魂が望んで作り出した状況なのに、ともすれば、人生がつらく苦しく、

あたかも自分が被害者であるかのように感じたりしてしまいます。

この差を取る事が、「悟り=差取り」という事です。

 

 

============================

 

ライタリアンレイには、まず最初に必ずエンパワーメントレイを受けること、というルールがあります。
その後はどの順番で受けてもよいのですが、よほどの導きがないかぎりは、上に挙げた順番で受けていくのがセオリーです。

また、レイとレイの間は最低7日間、間隔を空ける必要があります。

 

ライタリアンレイは、特にレイキなどの経験は必要なく、

どなたでも申し込みいただけます。

 

お寄せいただいた体験談

先程は、ありがとうございました。
柔らかいエネルギーを、15分ほど感じながうとうと。。。
その後、足元からまた細やかに上がってきました。
二度ほど寒気を感じ、その後しばらくフワンフワン
来てましたので、しばらく余韻に浸ってました。
何かすっきりした気がします。
何か変化するかしらと、楽しみです。
また次、宜しくお願い致します。(MO様)

 

お申し込みはこちら

 

ライタリアンレイに関する記事