ライタリアンレイキⅣ

IMG_1701

神性のエネルギー(Godhead)とのコネクションが作られる。

 

ライタリアンレイキアチューメントを受けると、徐々により深いレベルのヒーリングが起こり、

あなたのチャクラやサトル・ボディーの波動レベルが上昇します。

あなたのクライアントへの高く細かい波動を持ったレイキヒーリング・エネルギーの技術や能力が、劇的に向上します。

ライタリアンレイキアチューメントをきっかけに起こったエネルギーの変容によって、

あなたの潜在的なスピリチュアルな「能力と才能」が顕現し、

あなたの「セルフ(自己)の感覚」が広がります。

ライタリアンレイキ各レベルのトレーニング、アチューメント、修了が証明された後すぐに、

あなたは各段階で、クライアントへのヒーリング、

生徒へのトレーニングやアチューメントがエネルギー的に可能になります。

 

 

内なる導きに従って、スピリチュアルな旅に踏み出しましょう。

どの方向へ行こうとも、ハートに従って前に進んでいけば、目覚めがもたらされます。

今まで感じていた限界の輪を越えたところに、自分の生き方ができるようにあなたを助け、

すでに自由になった人がいるところへ導いてくれる天使やスピリットウォーター、

あなたを励まし元気にするエネルギーが待っています。

リラックスする事がブレイクスルーの鍵です。

何かを達成しようとするのではなく、ただ抱擁に身をゆだねましょう。

 

お申し込みはこちら

 

 

ライタリアンレイキは、あなたのエーテルフィールドと肉体の癒しを進め、

アチューンメントのプロセスを通してあなた個人の波動を高めます。

『癒されている』状態は、自分自身の内側および他の人達や周りの環境との

『自然なバランス状態』のひとつです。

ライタリアンレイキのヒーリングエネルギーは、

あなたが自分の人生であらゆる部分において自然なバランスに帰るプロセスである癒しを

ドラマティックに刺激し、加速します。

 

これは、人類が存在の新しい局面に入る時サポートとなるよう、

より高次元波動のレイキの特別なギフトは、人類の癒しを加速し、

波動を高め、新しい人類になる準備をするために、

すべての人々に捧げられています。

 

このレイキシステムは、簡単明瞭であり、クリアな力を使う事と、

純粋で創造的な思考による意図を重要視しています。

よって、ライタリアンレイキにはシンボルがありません。

すべてのレイキエネルギーは種類に関わらず、アセンデッドマスターブッダから発していますが、

彼はレイキシンボル自体に力があるのではなく、主として集中するためのツールであることを

明らかにしています。

 

シンボルを使う事の主な目的はヒーラーの集中を助ける事です。

実際、多くの人にとってシンボルは、強力な集中のためのツールであるため、

依然として非常に便利で効果的です。

しかし、その他のレイキプラクティショナーやティーチャーにとっては

かなり以前からセッションは伝統的なシンボルを使わなくても全く同じくらい有効である

という認識が大きくなってきています。

この有効性は、プラクティショナー(ヒーラー)の意図に基づいています。

プラクティショナーが特定のシンボルの意図に集中しているので、

シンボルが働くように見えます

 

望ましい効果をクライアントにもたらすのは、シンボル自体ではなく、

その状態を作り出そうとするプラクティショナーの集中と意図なのです。

効果の高いレイキセッションを行うためにシンボルは必要ではありませんが、

それらは便利なもの、『ツール』ではありえます。

 

 

お寄せいただいた体験談

 

ライタリアンレイキレベルⅣのアチューンメントも素晴らしかったです。

激しい体感はなかったのですが、
確実にエネルギーが降りてきている感覚がありました。

途中、一本のどこまでも続く道のようなものが現れ、
その道を勢いよく進んでいるイメージが見えました。

途中、一本のどこまでも続く道のようなものが現れ、
その道を勢いよく進んでいるイメージが見えました。

その道の終着(ゴール)は見えませんでした。
「まだ道半ばですよ」、という意味だったのかもしれません。^^;

ライタリアンレイキの伝授は、ライタリアンレイとは違って、
細かく穏やかなエネルギーの感覚です。

感覚が穏やかで心地よい感じのエネルギーだったため、
伝授が終わった後、しばらく頭がぼーっとしていました。

レベルⅣまで来て、自分のヒーリング能力が更に
どのように変化していくのか、
静かに観察したいと思います。

M様

 

ライタリアンレイキはレベル1から順番にお受け下さい。

お申し込みはこちら

 

ライタリアンレイキのエネルギーについて