内向的な人が秘めている力

14

私は、子供の頃から内向的で、それは今も変わっていません。

石垣島の居心地がいい所は、結構みんな放っておいてくれる所です。

さみしくなったら、おもむろにスッと輪に入って行き、疲れて来たらさりげなくスッと輪から離れる、という。。。(笑)

でもひとりひとり話してみると『私も私も!それを受け入れてくれる島だよね。』と言うので、似たような人が多いのでしょう。

 

スーザンケインの『内向的な人が秘めている力』のTED TALKは、

自分が内向的なことに、羞恥心や罪悪感を持っている人達に見て頂きたい動画です。

社交的で活動的であることが何より評価される文化において、内向的であることは肩身が狭く、

恥ずかしいとさえ感じられます。

しかしスーザン・ケインはこの情熱的な講演で、内向的な人は世界にものすごい才能と能力を

もたらしているのであり、内向性はもっと評価され奨励されてしかるべきだと言っています。

この動画は英語ですが、気になったフレーズを少し日本語でご紹介します。

 

 

◆内向的な人は、もっと静かで 目立たない環境にいる方がやる気になり、

生き生きとして能力を発揮できるのです

 

 

◆学校では、思考力を単独飛行させて挑むべき 数学や作文でさえ

子どもたちは委員会のように振る舞うことを期待されています。

単独行動したり 1人で作業するのが好きな子は、 はみ出し者とか

問題児と見られてしまいます。

教師のほとんどは 理想的な生徒は内向的でなく 外向的なものだと思っています。

実際には内向的な方が成績が良く 知識があるにも関わらず。。。

 

 

◆会社での 内向的なリーダーは、 積極的なメンバーが アイデアを出して

活躍できるようにさせる一方、

外向的なリーダーは 気づかぬうちに 何でも自分で仕切ることに 夢中になって

他の人のアイデアがなかなか 活かされないようにしてしまうのです。

 

 

◆みんな1人になって、 集団の力学による歪みを受けずに 自分独自のアイデアを考え出して

それから集まって、 ほどよく調整された環境で話し合う方が ずっと良いのです。

 

 

◆探求者は1人で荒野をさすらい 、その中で顕現や啓示を得ます。

そしてそれを みんなのいる コミュニティへと持ち帰るのです。

だから荒野なくして啓示はないのです。

 

 

◆私が言いたいのは、社会として両者をもっとうまく バランスさせる必要がある、

ということです。 陰と陽のように両方必要なのです。

 

 

◆私は、最近内向性についての本を出したんですが、 書くのに7年かかりました。

私にとってその7年は ひたすら読書し、 書き、 考え、 調査する至福の時でした。

しかし、ここに来て突然私の仕事が大きく変わりました。

人前で話すという仕事、それも内向性についてです (笑)。

私にとってはすごく難しいことです。

だからこのような場に備えて 随分と努力しました。

去年はあらゆる機会を利用して、スピーチの練習をしました 。

練習はとても役に立っていますが 、さらに私を力づけている 感覚、信念、希望があります。

それは、内向性や無口や孤独に対する 人々の態度が

劇的に変化する 一歩手前にあるということです。

 

 

 

彼女の素晴らしい所は、自分は内向的だからと開き直って、ずっとマイワールドに引きこもっていなかった事だと思います。

どこかの地点で決心して、『外向』に果敢に挑んで行ったところです。

世間からの目はどうであれ、自分の好きな事に没頭し、自分の中の『内向性』に充分愛と栄養を注いだので、

『外向』に向かって行く基礎体力がついたのでしょう。

 

内向も外向も、結局は一本の棒の端と端で、自分の性格が『内向的』なだけの人もいないし『外交的』なだけの人もいない。

短い人生の中で、どちらも存分に体験した彼女に拍手を送ります。

 

Makiko

日本語字幕付きの動画はこちら