天使が教えてくれる感性を大切に育てるコツ

1

例えば、

愛、守られてるという感じ、幸せ、、、という言葉たち。

これが愛と言えばそうなのかもしれないし、
もっと違うのもあるのかもしれない。。。
幸せかと言われればそんな気もするけど、もっと幸せ、というのもありそうな気がする。。。
言葉で表すのが難しい、断言しがたい感覚。

そのような、外のものさしでは測れない主観的なものは、
結局自分が自分でそう思うしかない、というところがあります。

感性を磨くとは、
自分の感覚を信じて、
自分が幸せを実感し、感謝の気持ちで一杯になれる方法を
試行錯誤しながら身につけていく、ということだと思います。

そしてそれは、野生のカンを磨く事、でもあります。
素晴らしい恋愛や結婚に、野生のカン以外のものが、役にたった試しがあるでしょうか?

少々不格好でも、自分の想いを文章にする、絵で表現する、踊りで表現する、
という勇気とその過程は、自分の思考を越えた、自分の知らない自分に出会う旅でもあります。

あるフラメンコダンサーのお話です。

盛況のステージの後、興奮したお客様達から
”今日の踊りの意味はなんですか? 意図はなんですか?” と質問攻めにあいました。

彼女は、テキトウに皆が納得してくれそうな回答をしましたが
心の中では、もどかしい思いで一杯になりました。

”単に唄って、踊って、汗をかいて、愛して。。。それだけではダメですか?”

どうやら現代人の私たちは、自分のハートで感じている事に自信を持て切れず、
頭での説明を求める傾向にある様です。

最後に、”感性を大切に育てるコツは何ですか?”

と尋ねながら、オラクルカードを一枚引きました。
出てきたカードは、

”Singing and Dancing”。

音楽とムーブメントの魔法のパワーによって、あなたのサイキックチャンネルを目覚めさせましょう!