ハワイ9 夢はもう叶っている?

119

1ヶ月程前、数日間だけルームメイトだったかわいらしい年上の女性、がいました。

彼女は旦那さんが大好きで、大好きで、向こうが迷惑してないか心配、
という珍しい悩みを持った人でした。
旦那さんを日本においてあこがれのハワイにきたけど、もうそろそろ彼が恋しくなって来たとの事。

高校生のお子さんがいらっしゃる方ですよ!
なんとかわいらしいピュアな方なんでしょう。

彼女は、ここのゲストハウスの様に、癒しや学びを求めてやってくる人を受け入れる
リトリートセンターをご主人と作るのが夢なんだそう。

”素敵な夢じゃないですか!
で、今は何をされてるんですか?”

”とある会社の保養所で働いてるんです。といっても主人と2人で切り盛りしてて、主人が料理担当なんですけど。”

”え!?
じゃあ、もうリトリートセンターの夢が叶ってるんじゃないですか?”

”え!?
で、でも一応会社の保養所だし、お給料は定額会社から支給されてるので。。。”

”。。。っていうか、自営のリスクがなく、ちゃんと定額いただけるなんて、一番理想的
じゃないですか!!”
”あ~、そうは考えた事なかったです。言われてみたら本当ですね~。

ところでマキコさんの夢はなんですか?”
”う~ん。主人といろんな所を旅して廻る事かなあ。夢ですが。”

”。。。っていうか、今されてるじゃないですか!”

”え!?
で、でも今は家がないから、仕方なく旅して廻ってるというか。”

”。。。っていうか、ずっと旅していきたいなら、家いらないじゃないですか。”

”いや~でも荷物とかもあるし、一応家があった上で旅するのがいいんじゃないかと。”

”じゃあ、倉庫でいいんじゃないですか? 家賃もかかるし。
マキコさんも今一番理想の生活をしてるんじゃないですか!”
その後2人は大爆笑の渦につつまれたのでした。
なんでこんなに自分のことってわからないんでしょう??

だから人と会話をする価値があるんですね。