ココリラ天使の旋律〜天使と家族

2

こんにちは。

石垣島のMakikoです。

皆さんは、自分が生まれ育った家族が好きですか?

私は5人家族ですが、彼らを好きという訳でも嫌いという訳でもなく、
ただ一人だけ場違いな所に産まれ落ちてしまったな、
という感覚を持って幼少期を過ごしました。

彼らの方も、私の事を宇宙人のように遠目で観察しながら、
特に怒る事も褒める事もない完全放任の育てられ方をし、
それは今でも変わりがありません。

成人してから、私はもっと自分がしっくりと来る居場所や、
仲間探しの長い旅に出ました。

その旅の途中で、
この人は天使が連れて来てくれたんじゃないか、
と思うような心の家族に出会いました。

残念ながら、その私の家族達は全国各地に点々といるので、
一同に集まることはないと思うのですが、
私が心の中で勝手に、
お父さん、お母さん、妹、甥っ子、
などと名付けて楽しんでいます。

よくセラピーなどで、
いろいろな自分の問題(恋愛や、お金など)の原型は
自分と父親との関係、又は母親との関係、と言われますし、
その通りだと思いますが、
許せないお母さんの事を癒す事に
人生の全エネルギーや時間やお金を費やして一生を終えるより、
血にとらわれず、自分で好きなお母さんを選んで、
甘える練習をしてみたり、
親孝行をしてみたり、、、というのはいかがでしょうか。

そうこうしているうちに、
実のお母さんが許せるようになったらラッキー、
まだ許せなくても代打のお母さんがいるからオッケー。

結局は、地球に住んでる人みんなが大家族なのですから、
そう思うとあまり血にこだわる事も無意味のような気がしてきます。

最後に、
『天使と家族』というテーマでオラクルカードを1枚引きました。

出てきたのは『Environmentalist』

天使に少しでも興味がある方は、
なんらかの形で自然、平和、動物、花、環境、大気、
クリスタル、エネルギーワーク、などに関わることを通して、
『地球大家族』の意識を取り戻そうとする
アースエンジェルなのでしょうね。

 

そして、やっぱり最後は自分の生まれて来た家族を許し愛するための旅だったのだと

理解することになると思います。

 

Makiko