ハワイ8 キネシオロジー

116

いつもの様に、ホナウナウのツーステップというところで
イルカが来るのを待っていました。

ここで野生のイルカと1度だけ運良く泳げました。

朝の8時から待機してて
11時頃、諦めかけた時にジャンプしてるイルカ発見。

望遠鏡でもう一度ちゃんとチェックしてから
”来た来た来た~!!”
と興奮して叫んでしまいました。

この時を待って、3時間も準備体操のヨガをしていて
もうこれ以上伸ばす所ないよ!といって
帰りかけてたところでした。
30匹 (頭?)ぐらいいたかなあ。
なんともいえない体験でした。

すっかり病み付きになった私は
次の日も朝からイルカ待ち。

その待ち時間に浜辺で
先日購入したドリーンバーチューの直筆サイン入り♥
”Life Purpose オラクルカード”で遊んでいました。

なかなかいい結果が出たので
ひとりほくそ笑んでいると、
隣に座っていた地元らしきおじさんが
”俺にも一枚引いて”
と言ってきました。

 

そこで、見ず知らずの人に引いてみると
”Body Worker”
というのが出ました。

”マッサージとかされてる方ですか?”
と聞くと
キネシオロジーを教えているとのこと。
なんでも、奥さんはその道の本を4冊も出していて
夫婦で日本やヨーロッパにワークショップをしにいったりしてるそうな。

ということで、そこからはイルカそっちのけで、マンツーマン講座の始まり始まり。

簡単なチェックテストをして
自分が右脳派か左脳派か、
それによって、働きが良い方の耳、目、手、足、
ストレスがあるときにはどのような状態になるか、などをくわしく教えてもらいました。
そして、両方の器官のスイッチオン(身体全部目覚めてる状態)の仕方を教えてもらいました。
こんな、簡単な動きでスイッチオンになるの?と驚きましたが
オンになってる確認テストをしたら、ほんとにオンになってました。

このキネシオロジーの身体の機能をオンにするエクセサイズ
(という程のものでもない。1分で終わる)
は、有名なゴルファーやレーサーも試合の前に行ってるんですって。

あと、私が産まれて2~3ヶ月頃に何かあった事がブロックになってるとの事で
お母さんに聞いてみたら良いよ、とも。

でも、それは怖いですね。
橋の下に捨てようかと思ってたのよ、とか言われたらどうしましょう。
これはまだ聞く勇気がありません。

そんなこんなで、前述のボイジャータロットといい、
ドリーンバーチューの2つのワークショップといい、
このキネシオロジーといい、全部タダ!

全く予定してなくても、次々に向こうから奇跡がやってくる不思議な島。
自分のプランを天に明け渡して
神様のプランにまかせる。
受け身な方が、すいすい進む島。
それがハワイ島です。

いや、ハワイでそれに気づかされただけで
ハワイでなくても
本来はどこに住んでいてもそうなのでしょう。

おいしい生き方のコツを教えてくれる島です。

 

(2012年冬)