於茂登御主神

IMG_1324

2014年のレムリア元旦の初詣、石垣島の於茂登岳(おもとだけ)に初めて行きました。

於茂登岳(おもとだけ)は沖縄県の最高峰で川平湾と共に、国の名勝に指定されています。

とはいっても、今回は山を登ったのではなくて、於茂登岳の麓にあるパワースポット
『於茂登御主神』に行ってきました。

於茂登岳(おもとだけ)は、古くから霊山とされ、地元の信仰の中心的存在だったそうです。

山名の「ウムトゥ」は、「島の大本」という意味だといわれています。

於茂登の神は「ウムトゥテラシィ」で、島内の多くの御嶽では、
この神への通し願いが行われてるとのこと。

とても神聖な場所なので、一人では恐れ多く思い、島人の『穏やか君』と『妖精ちゃん』の
3人で行きました。

写真 2-25

お天気が良かったのもありますが、柔らか~いエネルギーに満ちあふれていました。
それにしても、初対面の穏やか君は、本当に始終穏やかで、思わず、

『怒った事とかある?』

って聞いてしまいました。
そしたら、

『ないです。(キッパリ)』

とのお返事。
妖精ちゃんの話によると、
この穏やか君は20代の割に相当なご苦労をされてるようなのですが、、、。

『僕はなんかあった時には、いつもここに来て3時間ぐらい座って、神様に聞いてもらってます。』

とのこと。

 

超かっこいい。

人に聞いてもらって、後で言い過ぎた後悔の念で疲れ果ててる私は、
彼の爪の垢を煎じて一気飲みしたいです。

 

ここに1厘だけ、鮮やかなお花が咲いていました。

写真 1-21

穏やか君がいうには、

『いつも1厘だけ咲いてるんですよ。』

 

 

長い時間ここで話していたので、蚊にいっぱい刺されて痒くなってきました。

なので、歩いて1分の駐車場に帰って来たら

。。。

虫さされの跡形もなく、痒みもすっかり消えてました。

出足の良い初詣でした。

 

 

Makiko

後日ここと対になっている神様に愛にいきました『岩とお話した日