ヨガティーチャートレーニングinフランクフルト

23

フランクフルトに居たとき、日本から来られた若い女の子にマンツーマンのヨガティーチャートレーニングをしたことがあります。

ダンサーの彼女は2月はじめからうちに滞在して、
ヨーロッパのダンスカンパニーのオーディションめぐりをしていたのですが、
ちょうど人生の方向転換期だったらしく、
毎日自問自答しながら、一緒に暮らしていました。

どのようにして生きる糧をえていくか?
自分の満足できる生き方とは?
周りの期待を軸に生きてないか?
自分の中の執着、他人への嫉妬から どのように解放されるか?
自分の思考パーターンへの気づき

などを毎晩のように話し合いました。
なにしろ、住み込み型のティーチャートレーニングなので、
24時間がっしり向き合って、最後はお互いへとへとになりましたが、
はじめここへ来た頃とは違って、
すっきり爽やかな顔で旅立っていったので
まあよかったのかな、と思います。

”人生では良いことしか起こらない”
という言葉がありますが
本当に大きな視点で見れば
どの出来事も今の自分にとって必要な
”良いこと”。

これからも、自分のエネルギーを生きる、自分らしく生きていく!
をテーマに
生徒さんのこころ、身体、魂を勇気づけるヨガを提案していきたいと
思います。