ヨガの先生は皆のお手本?

写真 1-6

2009年のお正月開け、鳥取での自動車免許合宿を終えて、無事ドイツに帰ってきました。

なんと、修了検定(仮免許をもらうための検定試験)で
堂々と右側通行をしてしまい、試験に落ちてしまったので、
年末年始に一時大阪に自費で帰宅してから、
また鳥取に最後の卒検を受けに行ったのです。

18歳のわんぱく坊や達も全員受かっていたのに私だけが出直し!!(笑)
恥ずかしい!!

なんとか、6日の卒検に受かって、7日大阪の門真試験場で筆記試験を受けて
免許証をもらって、8日に飛行機に乗ってドイツに帰ってきました。

年末年始に日本に行くのって、危険ですね。
しっかり、2キロ太って帰ってきました。
日本でバナナダイエットが流行ってるとの事。
さっそく試してみましたが、2日で挫折しました。

滞在中はじめてホットヨガなるものを体験しましたが、
予想以上に楽しかった!
特に寒い冬にあんなに汗というものをかく事なんて不可能だから
よけいに貴重な体験でした。
ドイツにもあるのかな?ホットヨガ。
あまり聞かないですね。
しかし急激に太って、
月曜からまたヨガのクラス始まるのに、
どうやって生徒さんに言い訳したら良いものか。。。
しかもなんかここ最近ひどい腰痛もでてきてしまいました。
(これは毎年恒例なのであまり驚かないのですが)

ヨガしてるのになんでですか?
とつっこまれていまいそうです。(涙)

私が初めにヨガの手ほどきを受けた先生も、
一時腰痛がひどくて、
でもちゃんと笑顔で隠し通してレッスンしてたな。。。ということを思い出します。

私がヨガを教え始めたきっかけ、というのが
その先生のお姑さんが来週いよいよ亡くなりそうなので、
代行でクラスを受け持ってもらえないか、といわれたからなのです。

太陽のように明るくて、人徳厚い、大人気の先生でしたが
こっそり私に
うっとーしい姑がやっといなくなって、めっちゃうれしい!
と言って喜々としていました。

ヨガなんて教えているとたまに、
皆さんのお手本になるような、
素晴らしい精神を持っていなければいけないんじゃないか。。
醜い感情がわいて来たら、すぐに取り消さなければならないんじゃないか。。。

といい人ぶってしまいがちなのですが、
そんな時はいつもこの先生を思い出して、
普通でいいんだ普通で、、、と
自分を慰めています。

いやーでも普通、修了検定で右側通行はしないよな。。。
撃沈。

出だしは、いまいちの2009年でしたが、その後、人生の転換期になるレイキと出会う年となりました。