石垣島アンガマ 2015

 

IMG_1844

旧盆の石垣島。アンガマを見に行ってきました。

石垣島の伝統行事アンガマは、あの世からの使者であるウシュマイ(おじい)とウミー(おばあ)が花子(ファーマー)と呼ばれる子孫を連れて現世に表れ、地元の家々を訪問するというもの。

珍問答や踊りで先祖の霊を供養するぶっ飛び行事でした。

今回は、友達の友達の家にアンガマが来るということで、お邪魔させてもらいました。

その家にはアンガマを見に来た友達の友達だらけで、これが石垣島のお盆かぁ〜と感慨深く思いながら晩ご飯をいただきました。

先日の台風の影響でまだ天井から雨漏りがしたたり落ちていました。

 

22時、いよいよアンガマ一行が来るとのことで、テーブルを片付けて、家の外へ。

気がつけば、新聞で「今晩この家でアンガマ」ということを聞きつけた近所の方達が、多勢お庭に集まっていました。

 

いよいよ一行の登場です。

 

花子達は、この世の人ではないので顔をサングラスで隠しています。

 

そして一番の見所は、あの世とこの世の珍問答。

見物人の質問にひねりを利かせて答えるウシュマイ(おじい)とウミー(おばあ)。

彼らは裏声しか発してはならないのと、方言を使わないといけないそうで、全部意味はわからなかったけど笑えました。

 

そして最後は狂ったように踊る!

 

以上。

やっぱり、石垣島はJAPANではない。。。と再確認した一夜でした。

Makiko